疲れた時には鰹(カツオ)! 超絶簡単な薬味たっぷり「かつおのたたき」レシピ!

疲れた時に食べたい食材は、鶏胸肉が一番ですが、鰹(カツオ)もおすすめです。カツオには疲れをとる成分「イミダペプチド」が多く含まれています。なぜなら、鰹は回遊魚であり、海の中を長く泳ぐためです。

泳ぐ際に、特に酷使される部位である尾びれ部分に「イミダペプチド」は多く含まれています。鰹の美味しさを楽しめる料理である、薬味をたっぷりかけた鰹のたたきレシピを紹介します。


鰹には2回の旬がある

鰹には、2回の旬があります。5〜6月は初鰹、9〜10月は戻りガツオの季節です。初鰹の時期、戻りガツオの季節には疲労回復に効果的な「たたき」を食べることをおすすめします。

鰹のたたきの材料

  • 鰹:半身
  • にんにく:1片
  • ショウガ:適量
  • 青ネギ:適量
  • 玉ねぎスライス:適量
  • ポン酢:お好み
  • 醤油:お好み

鰹のたたきの作り方

  1. 皿に玉ネギスライスを広げ、鰹のたたきを並べ、にんにくみじん切り、生姜千切り、青ネギ小口切りをたっぷりかけましょう!
  2. 材料に入れていませんが、みょうが、貝割れ大根、大葉などの薬味を入れてもいいでしょう(お好みで)!
  3. ポン酢と醤油を6:4で混ぜ、ポン酢しょうゆをつくりましょう!
  4. 鰹のたたきにポン酢しょうゆをかけて完成です!

鰹のたたきに、玉ネギ、にんにく、青ネギなどの薬味を、たっぷりかけてポン酢しょうゆでさっぱりした味わいが楽しめます!

レシピで使われる、玉ネギ、にんにく、青ネギに含まれるアリシンは、疲労を起こしにくい体作りをサポートする食品成分です。

イミダペプチド

がたくさん含まれるカツオと一緒に摂取することで、疲れにくい体を作りましょう! 疲れた時には「鰹のたたき」とおぼえておきましょう。

次の記事

「疲れた胃にも優しい! 鶏むね肉と豆腐のハンバーグレシピ」

前の記事

「疲れやすい体質の人が食べたい!青ネギまみれの鶏ムネ肉の唐揚レシピ」

情報提供元

「イミダペプチド情報サイト」

    
コメント