なんか疲れたと感じたら「鶏胸肉の梅しそはさみ揚げ」レシピで元気になろう!

なんか疲れたと感じた時に食べたい食材は「鶏胸肉(イミダペプチド)」と「梅干し(クエン酸)」です。イミダペプチド成分とクエン酸を合わせてとると疲労回復の「相乗効果」を生み出し疲労回復効果を生み出します。

今回は、惣菜屋さんでも人気の「鶏胸肉の梅しそはさみ揚げ」の作り方を紹介します。


鶏胸肉の梅しそはさみ揚げの材料(2人分)

  • 鶏胸肉:1枚
  • 酒:大さじ1
  • 砂糖:小さじ1
  • 塩:小さじ1/6
  • 梅干し:2~3個分
  • 青シソ:3~4枚
  • 天ぷら粉:適量
  • 揚げ油:適量

作り方

  1. 鶏胸肉は観音開きにしたあと、肉たたきで薄くのばし、6~8等分に切り、酒、砂糖、塩をもみ込み、冷蔵庫で10分程おきます。
  2. 梅干しは種を取り除き、包丁で叩くように刻んで、ペースト状にします。
  3. 青シソは縦半分に切ります。
  4. 鶏胸肉の水分を拭き取り、青シソをのせ、梅干しを塗り、縦半分に折りたたみます。
  5. 天ぷら粉を水で溶き、鶏胸肉をくぐらせ、170~180℃の油で3分程揚げたら完成です!

イミダペプチド

成分とクエン酸による疲労回復効果の「相乗効果」を是非体感してみてください。「なんか疲れた」と感じた時に食べたいおすすめのレシピです。

次の記事

「鶏むね肉のタイカレーレシピ【疲労に効くレシピ】」

前の記事

「お疲れモード解消レシピ! 鶏むね肉の南蛮漬」

疲労回復レシピ情報提供元

「イミダペプチド研究所」

    
コメント