栄養ドリンクのタウリン1000mg配合は疲れに効く? 科学的に実証されていない栄養ドリンクの疲労回復

科学的に疲労回復効果がある成分は少ないです。その中でも代表的なのが栄養ドリンクに含まれているタウリンです。タウリン1000mg配合していても、そもそも科学的に疲労回復効果が実証されていないのです。


タウリンとは?

タウリンはタコやイカ、貝類等の魚介類に多く含まれている含硫アミノ酸の代謝中間体です。タウリンには、肝機能を高める働きや、血液中のコレストロール値を下げる働きがあります。

疲労回復効果はあるの?

このタウリンは、よく栄養ドリンクに利用されています。栄養ドリンクをみるとタウリン1000mg(=たった1g)配合などと書かれていませんか? こうみると、いかにもタウリンが疲れを回復してくれるように感じますが。しかし、タウリンが人間に対して疲労回復効果があるという科学的な実証はされていません。

アルコール、カフェインで勘違い?

栄養ドリンクには様々な成分が含まれているため、疲労回復に全く効果がないといえませんが、栄養ドリンクを飲んで疲れがとれた気がするのは、栄養ドリンクに含まれる微量のアルコールやカフェインの覚醒作用であると考えられます。疲労感が一時的にマスキングされるかも知れませんが、疲労自体をとる効果はないのです。

試験前や徹夜の資料作成などでテンションを上げるために使うのにはいいですが、疲れをとるために栄養ドリンクを飲みのはあまりおすすめできません。

しかも、栄養ドリンクの長期利用は疲労の蓄積を助長してしまう可能性があり、危険です。科学的に実証されていないタウリンを含んだ栄養ドリンクを飲むのはやめましょう。科学的に実証された疲労回復物質は「イミダペプチド」です。間違えないように注意しましょう!

次の記事

「コーヒー、エナジードリンクで疲れがとれない理由【カフェインの覚醒効果】」

前の記事

「にんにくの疲労回復効果は本当にあるの?」

情報提供元

「イミダペプチドサイト」

    
コメント