イミダペプチドで疲れにくい身体が作れる理由まとめ!

イミダペプチドという疲労回復物質を知っていますか? 鶏胸肉に豊富に含まれる安心の天然成分です。今回は、イミダペプチドを摂取することで、疲れにくい身体が作れる理由をまとめました。


疲労回復に効果的な「イミダペプチド」

渡り鳥がなぜ何千キロも休まず飛び続けられるのか、という抗疲労メカニズムの研究から、疲労回復食材が発見されました。それが、「鶏胸肉」です。この鶏胸肉に豊富に含まれる成分が疲労回復効果の高い「イミダペプチド」です。

化学的には、イミダペプチドは、カルノシンとアンセリンに代表される、イミダゾール基を有するヒスチジン関連物質が結合したペプチドのことです。マグロやカツオなど、時速数十キロ以上で泳ぎ続けるような回遊魚にもイミダペプチドは含まれています。

渡り鳥が飛び続けることができる秘密

渡り鳥であるオオソリハシシギは、アラスカからニュージーランドまで11,000kmをたったの9日で飛ぶことができます。渡り鳥は、なぜ10,000km以上も飛び続けることができるのでしょうか?

オオソリハシシギのスタミナは胸肉に含まれる「イミダペプチド(イミダゾールジペプチド)」に秘密があります。特に羽を動かす筋肉(胸肉部分)にイミダペプチドは、多く含まれています。イミダペプチドがあるため、渡り鳥は長い距離を数週間も飛び続けることが可能となります。

疲れる場所にピンポイントで効果を発揮

イミダペプチドは、消化管で吸収されるといったん分解され、β-アラニンとヒスチジンという2種のアミノ酸となります。このアミノ酸は、血中ではほとんど消費されることなく浮遊しており、血液の流れに従って体の各部位に送られます。

生き物の消耗の激しい器官には、「イミダペプチド合成酵素」が存在し、そこまで運ばれてきたβ-アラニンとヒスチジンを、再びイミダペプチドに合成します。鳥であれば胸肉、マグロなら尾びれの筋肉に、この合成酵素が豊富に含まれています。

より細胞が酸化されやすく、消耗の激しい部位までくると、イミダペプチドは再びその姿を現し、疲労回復効果を高める働きをしてくれます。

この「疲れている部位にピンポイントで効く」という性質が、イミダペプチドの最大の魅力ですイミダペプチドが運動の疲れだけでなく、デスクワークの疲れにも効くのも、消耗の激しい自律神経や脳に直接、疲労回復効果を発揮できるからなのです。

副作用もなく安全

イミダペプチドを摂取することで、疲労回復効果を発揮します。ここで不安なのが、イミダペプチドを食べて健康に悪い影響がないか不安になりますよね。でもご安心ください。イミダペプチドは鶏胸肉に豊富に含まれる天然成分です。副作用もなく安全性も保証されています。

イミダペプチドの理想的な摂取量

理想的な摂取量は、毎日200mgのイミダペプチドをとることです。イミダペプチドを毎日、最低でも2週間取り続けることで疲労回復効果が表れます。(イミダペプチド成分は体内にある程度蓄積されることで、疲労回復効果を発揮するという性質を合わせ持っているため)

イミダペプチドを摂取するおすすめ食材

イミダペプチド200mgを摂取するのにおすすめの食材は「鶏の胸肉」です。鶏胸肉100g内に200mg分の「イミダペプチド」が含まれています。鶏の胸肉であれば、安価で低カロリー高タンパク質ですから、毎日食べる食材としても最適です。

毎日100gの鶏胸肉を2週間以上毎日食べるだけで、疲れにくい身体を作ることができるんです。とはいえ、毎日鶏胸肉を食べるのはちょっと…という人のために、イミダペプチドのサプリメントも販売されています。鶏胸肉に飽きた日は、サプリメントでイミダペプチドを補いましょう。

スープでもOK

イミダペプチドは熱に強く、水に溶ける性質があるため、スープにすると効率よく摂取できます。

美容と健康にも効果的

老化防止や疲労回復にも効果が高いといわれているイミダペプチド成分は、脳や骨格筋体など体が酷使される部位に多く存在しますが、加齢とともに減少していきます。40歳を超える頃から疲れを感じやすくなるのは、このイミダペプチド成分が減ってくるためです。日々の食事から体内にうまくイミダペプチドを取り入れるだけで、健康的な美しさを手に入れることも可能となります。

イミダペプチドの効果を促進する栄養成分

カボチャやレバー等に含まれる「ビタミンA」は、皮膚や角膜、内臓を覆う粘膜を正常に保つ働きがあります。

みかんやレモン等の柑橘類に多く含まれる「ビタミンC」はコラーゲンの合成や粘膜を強くする働きがある抗酸化ビタミンです。柑橘類には疲労回復効果のある「クエン酸」も含まれているので一石二鳥です。

にんにくや玉ねぎに含まれる「アリシン」は殺菌作用や血栓を予防するといった働きがあります。

いかがでしたか? イミダペプチドを上手に活用して疲れにくい身体を作りましょう!

前の記事

「疲労回復におすすめの食事方法、疲れに効く食べ物まとめ」

参考記事

    
コメント