疲労回復効果を促進する栄養成分【イミダペプチドと合わせて摂りたい】

疲労回復成分で代表的なのは鶏胸肉に多く含まれるイミダペプチド

です。イミダペプチドのように直接疲労に効果を発揮するとは言えないものの、体を丈夫に保つことにより、結果として疲労の発生を抑える重要な栄養成分もあることをご存知ですか?

イミダペプチドと合わせて食事でとりたい疲労回復効果を促進するビタミンA、ビタミンC、アリシンなどの栄養成分を紹介します。


ビタミンA

カボチャやレバー等に含まれる「ビタミンA」は、皮膚や角膜、内臓を覆う粘膜を正常に保つ働きがあります。

ビタミンC

みかんやレモン等の柑橘類に多く含まれる「ビタミンC」はコラーゲンの合成や粘膜を強くする働きがある抗酸化ビタミンです。柑橘類には疲労回復効果のある「クエン酸」も含まれているので一石二鳥です。

アリシン

にんにくや玉ねぎに含まれる「アリシン」は殺菌作用や血栓を予防するといった働きがあります。

最強の疲労回復成分「イミダペプチド

」と組み合わせて、バランスよく各栄養をとるのがおすすめです! 食事で体内の抗酸化パワーを強化して疲れ知らずの体を手に入れましょう!

次の記事

「最強の疲労回復成分イミダペプチドが多く含まれている食材ランキング」

前の記事

「ビタミンCで疲れはとれない? イミダペプチド以外で科学的に実証されている疲労回復成分」

情報取材先

「疲労回復に効果的なイミダペプチドって何?」

    
コメント