疲労回復効果を上げる睡眠テクニックまとめ記事7選

日本人の平均睡眠時間の現状データ

によると、昭和51年は約8時間分だったのに対し、平成23年の調査では、約7時間30分と減少しています。睡眠は疲労回復に直結しますが、睡眠時間が短くなっている現代では、疲労回復効果を最大限にしてくれる睡眠テクニックを活用することが必要です。それでは、疲労回復効果を上げる睡眠テクニックまとめ記事7選をご紹介します。


1. 自然に目覚めるようにしよう

目覚まし時計で起きると疲れるって知ってしますか?実は、

自然に目覚めると疲れにくい

んです。目覚まし時計で強制的に起こされるため、自律神経が乱れてしまうからです。なかなか、実践は難しいですが、太陽の光が自然と差しこむようにカーテンを少し開けておくなど、目覚まし時計がなくても起きることができる環境を作りましょう。

2. 朝日を浴びよう

朝日を浴びると元気になります。

疲れを取るために、朝起きたら朝日を浴びる

ことが疲労回復に重要です。朝が来るころ、自然に朝日が寝室に差し込むようにするのがベストです。1. の「自然に目覚めるようにしよう」とうまく併用しましょう。

3. 疲れが取れる睡眠方法を知ろう

疲れが取れる睡眠、疲れが取れない睡眠

を知ることが疲労回復に重要です。疲労回復には、疲労物質FFと疲労回復物質FRのバランスが重要です。週末も含め、「FF<FR」となるようにきちんと睡眠時間を確保するだけで、疲れは取れます。ただし、慢性的な睡眠不足は疲れが取れにくくなるのでご注意を。

4. 質の良い睡眠をとる準備をしよう

質の良い睡眠をとると疲労は回復

します。最低でも6時間は睡眠を確保します。そのためには、快眠する準備が大切です。食事とお酒は眠る3時間前までに、タバコも控えます。お風呂は眠る1〜2時間前に入ると、眠りやすい状態になります。

5. 徹夜対策をしよう

基本的に徹夜は疲労回復にはNGですが、夜勤などの仕事で避けられないケースがあります。しかし、徹夜明けにいっぱい眠ってしまうと翌日以降の睡眠リズムがずれがちです。そこで、徹夜明けの疲労ダメージを最小限に抑えるコツは、午後2時から4時の間に、80~100分仮眠、午前2時から4時の間に15分仮眠をすることです。こうすれば、注意力も回復し、いつもと同じ夜の時間に眠ることも可能です。

6. 寝だめは逆に疲れる

睡眠時間が大切!と理解すると、「じゃあ寝だめすれば疲れ知らず!」と思うかもしれません。でも、

寝だめしても疲労回復しません

。いつもより多く眠ることで、体内時計が狂い、疲れが抜けにくくなってしまいます。寝だめをするより、規則正しい生活リズムを保つことが疲労回復に有効です。

7. 昼寝をうまく活用しよう

お昼休みは昼寝が効果的です!どうしても眠気がとれないときや、疲れを感じているときは、

15〜30分ほど昼寝をして疲労回復

しましょう。ただし、昼寝の時間は30分以内にとどめることが疲労回復のコツです!

睡眠時間がどんどん短くなっている現代では、疲労回復の効果を最大限にする睡眠テクニックが役立ちます!眠くてお疲れモードのあなた、できる睡眠テクニックから試してみてはいかがでしょうか?あなたの疲れが軽くなることをお祈りしております。

次の記事

「疲労回復におすすめの食事方法、疲れに効く食べ物まとめ」

前の記事

「疲れた時に食べたい!疲労回復におすすめの鶏胸肉レシピ15選!」

    
コメント