目覚まし時計で起きると疲れるって本当? 自然に目覚めると疲れにくい理由

仕事の出勤時間に遅れないために、目覚まし時計のセットは欠かせませんよね? 実は目覚まし時計で起きると朝からドッと疲れる事になるって知っていましたか? 目覚まし時計で起きると疲れる理由を、疲労回復研究を専門に行なっている日本予防医薬に取材しました。


目覚まし時計は自律神経を乱れさせる

目覚まし時計で「強制的」に目覚めるという行為は、朝から自律神経を乱れさせることになります。例えるなら、動物が敵に襲われた時と同じ状況なんです。緊張して交感神経が活発になるのです。

自然に起きると疲れにくい

疲れないためには、自律神経をできるだけ平穏にしておくことが望ましいのです。目覚まし時計を使わず朝日で自然に目覚めるのが理想的といえるでしょう。

とはいえ、簡単なことではありませんが、カーテンなどの遮光に気を配ってみるなど色々と工夫できることもあります。

朝目覚めたときから、疲れを感じる人は、早く眠るようにして外の光や人工光などで自然に目覚めるように調整してみてはいかがでしょうか?

「疲労回復に効果的な睡眠方法」の詳細を調べる

    
コメント