朝日を浴びると元気になる!? 睡眠で疲れを取る、朝日パワー!

朝、目が覚めたら、必ずカーテンを開けて太陽の光を浴びるのがおすすめです。人間の体には、体内時計が備わっています。夜になると眠くなり、朝目覚めるのは、この体内時計の働きによります。

夜なかなか眠れない、朝なかなか起きられない、そんなひとは「体内時計」が乱れているのかもしれません。そして、朝日には「体内時計」の乱れをリセットするパワーがあります。


朝日は体内時計をリセットする

朝日を浴びるとセロトニンの分泌が活発になり、体内時計がリセットされます。一定の時間に寝て、一定の時間に起きる事で生体リズムが整い、疲労回復に効果的な質の良い睡眠をとることができるようになります。

セロトニンで心の疲れも取れる

また、セロトニンの働きが活発になると不安やうつなど、心の疲労にも効果があると言われています。

朝なかなか起きられない人や遮光カーテンをお使いの方は、就寝前に部屋のカーテンの一部を開けておいて、朝日が入るようにするのも一つの方法です。天窓やカーテンの調節で目を覚ますときに朝日が部屋に入るように調整しましょう。

「身体の疲れが取れる! 質の良い睡眠で疲労回復する方法」の詳細を調べる

    
コメント