ランニング・ジョギングで疲れをためないコツ

空前のランニングブームで、ランニング・ジョギングによるトレーニングをする人が増えています。しかし、正しい知識を知らないまま、ランニングやジョギングをすることで疲れをためてしまっている人も多いんです。ランニングやジョギングで、そもそもの疲れをためないコツを紹介します。


ランニング・ジョギングで疲れをためないコツ

ランニングをする際に、体力の限界まで走ってしまうという人は多いのではないでしょうか? 真面目すぎる人ほどハードなランニングを行いがちです。そこで、ランニングをする際に疲れをためないコツは

「疲れをためない軽いランニングにとどめる」

ことが重要です。

軽い運動にとどめることで、疲労回復する物質であるFRが身体に登場し、疲れを軽くしてくれるのです。つまり、軽いランニングをすることで、疲れをためるのではなく、逆に疲労回復効果をもたらしてくれるのです。そこで、ランニングした翌日にだるさが残らない程度にランニングをするように心がけましょう。

ランニング後に疲労回復するコツ

軽いジョギングにとどめたあと、ちょっとしたケアをすることで疲労回復を促し、疲れがたまりにくくなります。

まず、

疲労回復効果のある鶏胸肉

黒酢や梅干しに含まれる「クエン酸」

を摂取するようにしましょう。これらの食材は疲労回復効果があるため効果的です!

また、

「38〜40度のぬるめのお湯に半身浴」

することも疲労回復に効果的です。

ランニングやジョギングをする際は、ハードなトレーニングをするのではなく、軽めにとどめます。その後に、疲労回復効果のある食事や入浴を行うことでランニングした翌日も疲れがたまることなく生活ができます! お試しあれ!

次の記事

「マラソンレース後に疲労回復するコツ」

前の記事

「疲労回復に効果的なスポーツ後の食事とは?」

    
コメント