疲労回復に効果的なお風呂の入り方は「ぬるめの湯の半身浴」を15分だった!

熱いお風呂に浸かりすぎると体は疲れるということを以前ご紹介しました。

お風呂に入ることで疲れを取るには、正しい入浴方法を知ることが大切です。疲労回復に効果的な入浴法は「半身浴」なんです。今回は疲労回復をするために効果的なお風呂の入り方を紹介します。


半身浴のほうが疲れない

ヒトの体は、上半身を温めると交感神経優位に、下半身を温めると副交感神経優位になります。副交感神経優位の時の方が自律神経への負担が少なくなりますから、半身浴のほうが疲れないのです。

入浴方法としては、38~40度くらいのぬるめの湯に、合計で15分ほど浸かるようにするのがおすすめです。ただ、冷え症だったり、寒い日に湯にざぶんと入りたかったりする場合は、まずぬるめの湯につかってから、温度を1~2度上げるようにすると、体への負担が少なくて済みます。

半身浴で疲れが回復する理由のひとつとして、血行が良くなることが挙げられます。逆に言えば、血行が悪い人ほど疲れやすいわけです。

冷え性改善でさらに疲労回復効果がアップする!?

血行が悪くなる原因でもっとも一般的なのは、冷え症ではないでしょうか。特に女性に多い症状ですが、男性も油断はできません。ストレスや運動不足により、冷え症になる人もいるからです。

冷え症の改善は、疲れにくい体を作ることです。入浴方法を工夫したり、しょうがなど体が温まる食材を積極的にとったりして、冷え対策を行いましょう。

このように、38〜40℃のぬるめのお湯に15分半身浴することは疲れをとるのに効果的だったのです。もちろん、疲労回復をするために、お風呂以外にも食事改善をすることも大切です。鶏胸肉に豊富に含まれるイミダペプチドという成分は科学的にも証明された疲労回復成分です。ぬるま湯入浴法と併用すると、疲労回復の効果が増加します!

次の記事

「天然炭酸温泉に行けなくても大丈夫! 市販の炭酸入浴剤で疲労回復しよう!」

前の記事

「熱いお風呂に入ると疲れが倍増するという真実!ぬるま湯が疲労回復のポイントだった!」

情報提供元

「疲労回復に効果的なイミダペプチドって何?」

    
コメント