天然炭酸温泉に行けなくても大丈夫! 市販の炭酸入浴剤で疲労回復しよう!

入浴には疲労を和らげる効果があります。それは血行が促進され体内に溜まった老廃物が血液と一緒に流されるからです。特におすすめなのが炭酸泉です。天然の炭酸泉は大分の長湯温泉や兵庫の有馬温泉が有名ですね。

とはいえ、疲れがたまっていてもなかなか天然温泉に入る休みはとれません。そんなときは、市販の入浴剤を上手に活用しましょう。


市販の入浴剤で疲れをとろう

実は、薬局やスーパーなどで販売されている市販の炭酸入浴剤にも疲労回復効果があることを知っていましたか? 温泉に入らなくても炭酸入浴剤を使えば、家で温泉気分が楽しめ、疲れも取ってくれるんです。

炭酸が疲れを癒やす理由

炭酸泉に入ると人の体は二酸化炭素を検知して全身に酸素を行きわたらせようと、血液で酸素をたくさん運びます。その結果血行が良くなり疲労回復につながるのです。

また、お風呂に入るときは熱めのお風呂よりも、41℃のぬるめのお湯がおすすめです(

「疲れが取れる入浴方法」

)! 疲れがたまったとき、温泉に行けない時は炭酸入浴剤で疲労回復をしてくださいね!

次の記事

「最新理論で誕生した「疲れない部屋」とは?」

前の記事

「疲労回復に効果的なお風呂の入り方は「ぬるめの湯の半身浴」を15分だった!」

情報取材先

「日本予防医薬」

    
コメント