タイプ別疲労回復のコツ

sns疲れ、運転疲れや年代別などタイプ別に効く疲労回復の方法を紹介していきます。

  • 育児疲れを防ぐ5つのポイント【育児ノイローゼにならないために】

    育児をしていると、どんなに子供が可愛くても育児疲れになってしまうものです。特に、初めての赤ちゃんの場合、生後3ヶ月までの間は、夜泣きの間隔も短く、育児疲れから育児ノイローゼになってしまうケースも…今回はそんな育児疲れを防ぐ5つのポイントを紹介します。

  • 婚活疲れを防ぐ5つの方法

    最近女性も婚活するのが当たり前の時代になってきましたが、長引く婚活に疲れてしまう女性が増えているそうです。こんな声をよく聞きませんか? 「結婚相手探しのために合コンしたけどいい人いないなぁ…」 「婚活パーティー参加したら、出会い目的の人しかいなかった…

  • 「彼氏・彼女に疲れた」ときに実践したい4つの対処法

    「彼氏が浮気ばっかりして疲れた…」 「毎日ぶりっ子の彼女への我慢が限界で疲れMAX…」 「彼女のワガママさにもう疲れた…」 「自慢ばっかりの彼にもう疲れが限界…」 「性格についていけなくて疲れた…」 このようにどれだけ愛し合っていたカップルであっ

  • 毎日疲れが取れない40代、50代向けの疲れを回復させる方法

    40代、50代になると、毎日の疲れが取れにくくなります。さらに、仕事の責任は増え、家庭でも反抗期の子供と接すなどストレスと疲れがたまりやすい環境になりやすいのが特徴です。でも、疲れてばかりもいられません。毎日の疲労を回復させる方法を紹介します!

  • 体が疲れる30代向け!慢性疲労を回復させるために役立つ3つの法則

    29歳と30歳では体力に大きな違いが出てきます。三十路になるという精神的な老いもありますが、30代になると20代に比べ疲れやすくなります。20代のころと同じ気持ちでいると慢性疲労になってしまうことも。今回は、体が疲れやすくなっている30代向けに慢性疲労を回復さ

  • 人生に疲れた時、生きることに疲れた時に答えて欲しい12のクイズ【疲労編】

    「人生に疲れた」 「生きることに疲れた」 「もう何もかもうまくいかなくて疲れたよ」 この世知辛い世の中、人生に疲れたり、生きることに疲れてしまったことをがある人は多いのではないでしょうか。でも、人生や生きることに疲れてしまう前に思い出して欲しいクイズ

  • 勉強疲れの解消に!勉強疲れをためないために大切な5つのこと

    「期末テストだから勉強しないといけないのに疲れた…」 「明日試験なのにもう勉強疲れちゃったよ…」 「もうすぐセンター試験なのに、少し勉強するとすぐ疲れちゃう…いつも勉強していないからかな…」 と、普段勉強をする習慣がない人は、少し勉強をするとすぐ疲れ

  • 肉体労働による肉体疲労を効果的に回復させる方法

    工事現場や交通誘導員、トラックドライバーなど肉体労働をすると、肉体疲労はたまりやすくなります。とはいえ、身体が資本の商売なので、疲れで倒れるわけにはいきません。そこで、肉体疲労を効果的に回復させる方法を紹介します。 働く前のクエン酸 クエン酸に

  • 働くママが家事と仕事の両立に疲れてしまったときに実践したい4つのこと

    共働きをすることが当たり前になりつつある現在。特に女性は、仕事と家事の両立をするのが当たり前と思われがちです。でも、仕事と家事を両立するのはすごく大変で、どんどん疲れがたまってしまいます。仕事と家事の両立に疲れてしまったときに、働くママ(もちろん働くパパも)に

  • 仕事の疲れをためない5つのコツ【サラリーマン必見】

    「毎日残業で疲れた…」 「今日も終電で帰宅。毎日眠くて疲れがとれない…」 「仕事が忙しくて、18時過ぎて今日最初のご飯だ…」 社畜と言われんばかりに働く真面目なサラリーマンが増える季節です。とはいえ、毎日の疲れをためすぎると心身とも悪影響が出てしまい

  • 心が疲れた…そんなときは精神的疲労を回復する生活習慣の見直しを。

    「死ぬほど疲れた…」 「心が疲れちゃったよ…」 「精神的疲労が限界…」 このように心の疲れがたまりやすい季節です。精神的にまいってしまって、仕事や学校を休んでしまいそうなほど心が疲れてしまった時に、ためしてほしいテクニックがあります。

  • 長距離運転で疲れをためないコツ【ドライブで疲労回復する方法】

    行楽シーズンやレジャーで長距離運転する機会は多いですよね。でも、長距離ドライブをする場合、疲れや疲労を感じていても、 「パーキングが混んでいて休むのがめんどう…」 「渋滞がすごくて休憩したくてもできない…」 「疲れたけど目的地までまだ時間がかかるから

  • Facebook、LINEに疲れた…SNS疲れに効果的な6つの対処法

    Facebook。LINE、Twitterに代表されるソーシャルネットワーキングサービス、いわゆるSNSに疲れたという人が増えています。2014年段階で人気のFacebookやLINEでは特にSNS疲れの症状が大きいようです。Facebook、LINE、Twi

1 / 1 1