長距離運転で疲れをためないコツ【ドライブで疲労回復する方法】

行楽シーズンやレジャーで長距離運転する機会は多いですよね。でも、長距離ドライブをする場合、疲れや疲労を感じていても、

「パーキングが混んでいて休むのがめんどう…」
「渋滞がすごくて休憩したくてもできない…」
「疲れたけど目的地までまだ時間がかかるから運転を続けないと…」

といったことから、休憩を取らずに運転を続けてしまう人は多いのではないでしょうか? でも、長距離運転の疲れが原因で、思わぬ事故をおこしてしまうことがあります。疲れは身体からの「休め」のサインです。

そこで、長距離運転で疲れをためないコツ、長距離ドライブで疲れてしまった時の疲労回復する方法を紹介します。


長距離運転で「注意」したい疲労症状

まず、長距離運転で注意したい疲労の症状を紹介します。運転中に次のような疲労症状が出てきたら、速やかに休息をとることをおすすめします。

  1. 眠気
  2. 視野がせまくなり注意力が低下する
  3. 疲労感の増加

2時間に1回休憩をしよう!

では、長距離運転の疲労はどうすれば回復するでしょうか? 答えは単純で、長距離ドライブによる疲労は休息をとることで回復します。そこで、「運転2時間につき1回」を目安に安全な場所で休憩をとりましょう。

目の疲れも本質的には脳の疲れが原因

なので、休憩を取ることで、目の疲れも回復していきます。

緑の香りも有効

それ以外にも、長時間の運転で疲れたときの手軽で即効力のある疲労回復方法は

「緑の香り」を嗅ぐ

ことです。公園や森林があれば深呼吸してみましょう。緑茶を飲んでひと息つくのも疲労回復に効果的です。

また、上記以外にも、疲れにくい姿勢にシートやミラー調整をしたり、無理な運転をしないことも有効です。

おすすめ記事

「サングラスで全身の疲れを軽減できる理由」

次の記事

「心が疲れた…そんなときは精神的疲労を回復する生活習慣の見直しを。」

前の記事

「Facebook、LINEに疲れた…SNS疲れに効果的な6つの対処法」

情報取材先

「日本予防医薬」

    
コメント