心が疲れた…そんなときは精神的疲労を回復する生活習慣の見直しを。

「死ぬほど疲れた…」
「心が疲れちゃったよ…」
「精神的疲労が限界…」

このように心の疲れがたまりやすい季節です。精神的にまいってしまって、仕事や学校を休んでしまいそうなほど心が疲れてしまった時に、ためしてほしいテクニックがあります。


あなた真面目かも?

人は真面目なほど疲れやすい傾向にあります。

疲労度チェックテスト

によると、

  • 周囲からの期待に応えたい
  • 責任感が強く最後までやりとげる
  • 集中力がすごい
  • 休みの日こそ平日よりアクティブになる
  • 疲れた時はコーヒーと栄養ドリンク

というタイプは実は疲れやすいのです。その結果、見えない疲労がたまり、精神的にも疲れがたまってしまうのです。たまには心をゆるくすることも必要です。とはいえ、心理的な問題は人それぞれです。そこで、誰でもできる生活習慣の見直しをすることで心の疲れを取る方法を紹介します。

心の疲れに効く睡眠

心の疲れをとるのはやはり睡眠です。精神的疲労がたまってしまうと、夜あれこれ考えてしまって眠れなくなり、さらに心身ともに疲れがたまってしまいます。そんなときは、とにかく

質の良い睡眠をとって疲れをとりましょう!

入浴や食事、お酒などの時間をコントロールするだけ眠りやすくなります。また、どうしても睡眠時間がとれないときは、ランチを終えた後、ちょっと昼寝を取るだけでもかまいません。疲れた時こそ睡眠をとって疲れを取りましょう。

ゆらゆらと疲れにくい環境を作ろう

まじめな人ほど一定のリズムで働いたり、勉強を続けることができます。しかし、人は同じ照度で光を浴び続けたり、同じ温度・風量でエアコンを浴び続けると疲れやすくなります。人はゆらゆらと

ゆらぎがあることで疲れにくくなる

ことが国の実験で証明されています。

太陽が出ているときは、カーテンを開けたり、たまに外に出たりすることで意識的にゆらぎを感じるようにしましょう。ゆらぎがあることで、疲れにくい環境を作ることができ、心の疲れがたまりにくくなります。

心の疲れにも食事は大切

月並みかもしれませんが、やはり食事は心の疲れにも効果的です。

疲れた時こそバランスのとれた食事を取ることが大切

です。鶏胸肉を中心とした良質なタンパク質を取り、ビタミンやミネラルを適度に摂取しましょう。クエン酸を取ることも疲労回復に効果的です。食欲がないときは鶏胸肉から抽出される疲労回復成分である「イミダペプチド」サプリメントで心の疲れをとりましょう。

心が疲れてしまった時、精神的疲労が限界の時、あたりまえの生活習慣を見なおしてみましょう。心の疲れがたまっているときに限って、夜遅くまで起きていたり、疲れがとれないような食事をとっているものです。

心理的な問題は人それぞれで、心の病になっている場合は、病院での治療も大切です。でも、病院に行くほどの精神的疲労をためるまえに、誰にでもできる生活習慣の見直しをし、心の疲れをとっちゃいましょう!

次の記事

「仕事の疲れをためない5つのコツ【サラリーマン必見】」

前の記事

「長距離運転で疲れをためないコツ【ドライブで疲労回復する方法】」

    
コメント