働くママが家事と仕事の両立に疲れてしまったときに実践したい4つのこと

共働きをすることが当たり前になりつつある現在。特に女性は、仕事と家事の両立をするのが当たり前と思われがちです。でも、仕事と家事を両立するのはすごく大変で、どんどん疲れがたまってしまいます。仕事と家事の両立に疲れてしまったときに、働くママ(もちろん働くパパも)に実践してもらい4つのことを紹介します。


1. 笑おう

笑いには疲労感をとる効果がある

と言われています。家事と仕事の両立に疲れてしまったときは、バラエティ番組を見たり、お笑いLIVEに行って、笑って疲れを軽くしましょう。

2. しゃべろう

仲の良い友達や家族・恋人と話すと疲れが軽くなる

ことを知っていますか? 楽しくおしゃべりすることで、リラックスし、副交感神経が優位になり、疲労が軽くなります。疲れた時は、女子会や飲み会などでいっぱいしゃべって疲れをとりましょう。

3. ぬるめのお風呂に入ろう

疲労回復に効果的な入浴方法はぬるめのお湯に15分

です。お湯の温度は38〜40度くらいにしましょう。ダイエット効果があるだけでなく、疲れも取れます。お風呂でぼーっとすることで、日々の仕事や家事の疲れも軽くなります。疲れた時は、ちょっと時間を取ってお風呂に入りましょう。

4. そうだ!森へ行こう!

森には疲れを癒す効果があります

。日々の仕事や家事に疲れた時は、休日に森林浴に出かけましょう。木々のある公園でも構いません。自然の環境や光や風がゆらいでいます。このゆらぎが副交感神経を優位にし、リラックス効果をもたらします。疲れた時は、

「そうだ!森へ行こう!」

と思い出してください。森では、さらに

緑の香りが疲れを癒してくれます

仕事や家事が毎日続くとだれだって疲れてしまいます。もちろんパパや家族に家事を手伝ってもらうことでママの負担を減らすことも大切です。とはいえ、なかなか家事の分担が難しい場合は、ちょっと時間を作って、今回紹介した4つのことですぐできそうなことを実践してみてはいかがでしょうか? 気分転換することで仕事と家事の疲れも軽くなり、明日からまた元気に働けるでしょう。

次の記事

「肉体労働による肉体疲労を効果的に回復させる方法」

前の記事

「仕事の疲れをためない5つのコツ【サラリーマン必見】」

    
コメント