肉体労働による肉体疲労を効果的に回復させる方法

工事現場や交通誘導員、トラックドライバーなど肉体労働をすると、肉体疲労はたまりやすくなります。とはいえ、身体が資本の商売なので、疲れで倒れるわけにはいきません。そこで、肉体疲労を効果的に回復させる方法を紹介します。


働く前のクエン酸

クエン酸には疲労回復効果があります

。しかも、働く前にクエン酸を摂取することで、エネルギー効率が高まり、疲れがたまりにくくなります。肉体労働の前に梅干しやレモンを食べるのがおすすめです。

お肉を食べるなら鶏胸肉

疲れているときは焼き肉という人も多いですが、

お肉の食べすぎは疲れをためる原因

となります。なぜなら、お肉の消化にエネルギーをとられてしまうからです。お肉の食べすぎに注意しましょう。

また、お肉を食べるなら

疲労成分が豊富に含まれている鶏胸肉を食べる

ことがおすすめです。毎日100gの鶏胸肉を食べ続けるだけで、疲れがたまりにくい体になります。

江戸っ子でもぬるま湯につかろう

江戸っ子は熱いお風呂が大好きです。でも熱いお風呂は疲れをためる原因となってしまいます。そこで

炭酸入浴剤を入れた40度程度のぬるま湯に15分

ほどつかるようにしましょう。そうすると、炭酸効果とぬるめのお湯が疲労回復効果を促進してくれます。

休憩中に昼寝をしよう

肉体労働の仕事をしているのであれば、休憩中の時間の使い方が疲れをためる明暗を分けます。疲れにくい食事をとったり、腹八分目におさえたり、それでも疲れがたまってどうしようもないときがあります。そんなときは1分でも構いません。お昼寝をしましょう。

30分以内のお昼寝は疲労回復にもってこい

なんです。どうしても疲れてふらふらのときは、お昼を食べてすぐ昼寝! をこころがけましょう。

肉体労働は体が資本です。お金を稼ぐために、稼動日を増やすのは仕方ありませんが、体を壊してしまっては、その間の収入が下がってしまいます。肉体疲労を毎日きちんと回復させ、健康で働けるように上手に疲労回復を行いましょう。

次の記事

「勉強疲れの解消に!勉強疲れをためないために大切な5つのこと」

前の記事

「働くママが家事と仕事の両立に疲れてしまったときに実践したい4つのこと」

    
コメント