体が疲れる30代向け!慢性疲労を回復させるために役立つ3つの法則

29歳と30歳では体力に大きな違いが出てきます。三十路になるという精神的な老いもありますが、30代になると20代に比べ疲れやすくなります。20代のころと同じ気持ちでいると慢性疲労になってしまうことも。今回は、体が疲れやすくなっている30代向けに慢性疲労を回復させる3つの法則を紹介します。


30代、疲労回復の法則を知ろう

30代になると、若いころのように無茶ができなくなってきます。

「昔は朝まで飲んでたのに、もう終電までが限界」
「カラオケオールとか信じられない」
「残業も21時超えるとしんどい」

というように、慢性的に疲労がたまることで、無理ができない身体になっています。そのため、30代になったら理論的に疲労回復の法則を知ることが重要です。

1. 暴飲暴食は避けよう

食べすぎ・飲み過ぎは疲れる原因

です。ランチや晩御飯も腹八分目を意識しましょう。また、お酒の飲み過ぎもいけません。1合以上飲むのはやめましょう。

2. 軽い運動をしよう

疲れている時に運動すると疲れがたまると思っていませんか? でも、

軽い運動は疲労回復に効果的

なんです。運動をすることで、疲労回復物質が登場し、疲労回復効果を促進してくれるのです。でも、無理なランニングや運動は疲れの原因となるので、ウォーキングやラジオ体操などの軽い運動にとどめましょう。

3. お肉は鶏胸肉を中心にしよう

疲労回復に一番効果的なお肉が何か知っていますか? それは鶏胸肉です。なぜなら、

鶏胸肉には疲労回復成分「イミダペプチド」が豊富に含まれている

からです。しかも、鶏胸肉は「安い・低脂肪・低カロリー」という特徴も持っています。1日100gの鶏胸肉を2週間以上毎日食べ続けることで、疲労回復効果が促進されるという科学的データも出ているから安心です。

「最近慢性疲労が抜けないなぁ…」とお悩みの30代の方は、今回紹介した3つの法則を試してみてはいかがでしょうか?

次の記事

「毎日疲れが取れない40代、50代向けの疲れを回復させる方法」

前の記事

「人生に疲れた時、生きることに疲れた時に答えて欲しい12のクイズ【疲労編】」

    
コメント