毎日疲れが取れない40代、50代向けの疲れを回復させる方法

40代、50代になると、毎日の疲れが取れにくくなります。さらに、仕事の責任は増え、家庭でも反抗期の子供と接すなどストレスと疲れがたまりやすい環境になりやすいのが特徴です。でも、疲れてばかりもいられません。毎日の疲労を回復させる方法を紹介します!


40代、50代は基本生活を整えよう

40代、50代の疲れを回復させるコツは、日々の睡眠と食事です。年齢を重ねるごとに基本生活を整える必要があります。

食事はバランスよく

バランスの良い食事は疲れにくくなる

ことをご存知ですか? 主食、主菜、副菜をバランスよく、良質なタンパク質を取ります。お肉は

疲労回復成分が豊富に含まれる鶏胸肉

を中心に食べましょう。

また、年をとるとすっぱいものが好きになりやすいですよね。実は、梅干しや黒酢、レモンなどの柑橘類に含まれる

クエン酸には疲労回復効果がある

んです。特に、疲れる前に摂取することで、疲労軽減する効果があるため、疲れる前にクエン酸を取るとおぼえておきましょう。

質の良い睡眠を取る

睡眠は疲労回復効果があります

。そのため、質の良い睡眠をとることが重要です。まず、眠る際には最低でも6時間は睡眠時間を確保するようにしましょう。7.5時間程度眠るとさらによいでしょう。

次に眠るまでの準備をします。お酒と食事は眠る3時間前に済ませます。お風呂も眠る1〜2時間前に済ませるといいでしょう。さらにふとんやまくらなど睡眠環境を整え、睡眠時間だけでなく質の良い睡眠をとることをこころがけると、毎日の疲労が回復し、疲れもたまりにくくなります。

緑の香りを嗅ごう

年をとると盆栽が趣味になる人をよくみかけませんか? 実は、

植物の緑の香りは疲れを癒やす

ことがわかっています。盆栽をしたくなるのは、知らないうちに疲れを癒やそうとしているのかもしれませんね。

盆栽でもガーデニングでも構いません。疲れを軽くするためにも、緑の香りをすぐにかげる環境を作りましょう。

疲労回復成分を積極的に摂取する

睡眠や食事を改善しているけど、それでも毎日の疲れが取れない場合は、疲労回復成分を積極的にとります。疲労回復成分というと怪しいですが、実は安くて手に入れることができます。なぜなら、

鶏胸肉に疲労回復成分であるイミダペプチドが豊富に含まれている

からです。

しかも、100gの鶏胸肉を毎日2週間以上食べるだけ! とはいえ、「毎日鶏胸肉を食べるのは無理!」という人にはイミダペプチドのサプリメントも発売されているので、鶏胸肉を食べたくない日に併用するとよいでしょう。

40代、50代は疲労回復の基本を徹底することが疲れを軽くするコツです。日々の生活の改善を心がけましょう。

次の記事

「彼氏・彼女に疲れたときに実践したい4つの対処法」

前の記事

「体が疲れる30代向け!慢性疲労を回復させるために役立つ3つの法則」

    
コメント