「彼氏・彼女に疲れた」ときに実践したい4つの対処法

「彼氏が浮気ばっかりして疲れた…」
「毎日ぶりっ子の彼女への我慢が限界で疲れMAX…」
「彼女のワガママさにもう疲れた…」
「自慢ばっかりの彼にもう疲れが限界…」
「性格についていけなくて疲れた…」

このようにどれだけ愛し合っていたカップルであっても日々のやりとりに疲れを感じてしまうことがありますよね。今回は、「彼氏に疲れた」「彼女に疲れた」ときに実践して欲しい4つの対処法を紹介します。


1. 全て受け入れる

彼氏や彼女に疲れたという本音を伝えるとケンカになりがちです。結婚は男性が女性に服従するとうまくいくように、全て受け入れることでその疲れはなくなります。人間関係の天才であるデール・カーネギーも「自分を変える」ことの大切さを言っています。相手を自分に合わせようとするのではなく、自分を相手に合わせてみてはいかがでしょうか?

2. 話し合う

このまま我慢を続けると別れが来るという場合は、率直に話し合ってみましょう。ただし、真剣に話し合うのではなく、

「これからも仲良くしたいから」
「二人の関係を改善するため」

といったように好意的な表現で、話し合いがしたと伝えましょう。大人であれば、お酒を飲みながらリラックスして話すのもおすすめです(飲み過ぎには注意しましょう)。

3. 一度距離を置いてみる

あなたが今彼氏や彼女に疲れているのは一時的なタイミングかもしれません。ちょっと仕事や勉強が忙しくて、心にゆとりがないだけかもしれません。そこで、今感じている疲れやモヤモヤが本音なのか一時的なものなのか判断するために、一度距離を置いてみてはいかがでしょうか?

「仕事や勉強が忙しくて10日くらい会えない」と伝え、心の冷却期間をとってみましょう。案外恋しくなって、一緒にいるのが楽しくなるかもしれません。それでも疲れが取れない時は…

4. 心身の疲れを取る

彼氏や彼女と別れたくなるほど疲れたと感じる時、本当に心身に疲れがたまっているケースがあります。心身の疲労回復を行うことが大切です。以下の5つの疲労回復方法を試してみましょう!

  1. 鶏胸肉を2週間食べ続ける
  2. バランスのとれた食事をとる
  3. 6時間以上眠る
  4. 炭酸入浴剤を入れたお風呂に入る
  5. ラジオ体操をする

体の疲れが回復すれば、心も元気になって、楽しく過ごせる可能性が高まります。

「彼氏に疲れた」「彼女に疲れた」とお悩みのときは、今回紹介した4つの対処法を試してみてはいかがでしょうか?

次の記事

「婚活疲れを防ぐ5つの方法」

前の記事

「毎日疲れが取れない40代、50代向けの疲れを回復させる方法」

    
コメント