婚活疲れを防ぐ5つの方法

最近女性も婚活するのが当たり前の時代になってきましたが、長引く婚活に疲れてしまう女性が増えているそうです。こんな声をよく聞きませんか?

「結婚相手探しのために合コンしたけどいい人いないなぁ…」
「婚活パーティー参加したら、出会い目的の人しかいなかった…」
「素敵な人見つけたけど、もう結婚してた…売れ残った人は3Kばかり…」
「お見合い連敗続きで辛い…」

婚活は長期戦になりがちで、うまくいかないケースも多々あることから、婚活疲れになりがちです。婚活疲れを通り越して、心が折れてしまっては、ますます結婚から遠ざかってしまいます。そこで今回は、婚活疲れを防ぐ5つの方法をご紹介します。


1. うまくいかなくても気にしない

婚活は、人生の選択肢。素敵な男性に出会ってもうまくいかないことのほうが多いものですし、違うなーと思う相手に妥協するのも違います。そこで、婚活がうまくいかなくても

「なんくるないさ~」
「失敗して当たり前」

と気にしないことが大切です。また、失敗を恐れるあまり、何も行動できなくなるほうが致命傷です。失敗してもあなたが悪いわけではありません。相性や偶然の問題です。うまくいかなくても気にしないようにしましょう。

2. 具体的にイメージする

婚活疲れになる人は、結婚を漠然ととらえがちです。結婚に求める条件がざっくりしていることが多く、現実とかけ離れているケースがあります。漠然とした条件で婚活をしていると、「何か違うなぁ…」と感じやすくなり、婚活疲れになりやすくなります。

そこで、年収、仕事、容姿、家族、居住地、ライフスタイルなど結婚に求める条件を具体的にイメージしましょう。具体的な結婚イメージを持つことで、自分が何を求めているかわかります。一度具体的な条件を洗い出してみましょう。

3. 条件を下げてみる

婚活疲れに陥りがちな人は、男性に求める条件が高い傾向にあります。おひとりさまになることを防ぐためにも、結婚に求める条件を少し下げてみてはいかがでしょうか? そうすれば、ストライクゾーンも広がり、結婚相手の幅が広がり、いい人と出会えないという焦りもなくなります。

今どき、身長180cm超え、年収は800万円以上、しかもジャニーズばりにイケメンといった男性は皆無です。しかし、身長180cm超え、年収は800万円以上の男性なら割といます。そこまで重要視していない条件は少し下げてみることを検討しましょう。

4. おしゃべりでリラックスしよう

どうしても婚活疲れに耐えられないときは、仲良しの友達と女子会を開きましょう。実は、

おしゃべりにはリラックス効果があります

。今感じている悩みや不満を話して、気分転換しましょう。気づいたら婚活疲れも消えていますよ。

5. その婚活疲れ、本当の疲れかも?

婚活疲れを感じているとき、その疲れ本当の疲れかもしれません。人は無理をすると心身に疲労がたまってしまいます。こんなときは、精神的な方法論より、健康に効果的な疲労回復方法を実践することが大切です。

  1. ぬるま湯で半身浴
  2. 軽い運動をする
  3. ダイエットと疲労回復に効果的な鶏胸肉を食べる
  4. 鶏胸肉と一緒にクエン酸を摂取する
  5. 疲労回復効果を促進する栄養素を摂取する

婚活疲れではなく、そもそも心身が本当に疲れているケースは多いものです。まずは、心身の疲労回復を行った上でも、婚活疲れを感じるときは、今回紹介した方法を試してみてくださいね。あなたの婚活がうまくいくことを願っております。

次の記事

「育児疲れを防ぐ5つのポイント【育児ノイローゼにならないために】」

前の記事

「彼氏・彼女に疲れたときに実践したい4つの対処法」

    
コメント