花粉症は新しい病気?

花粉症シーズンは嫌なものですね。なんとかしてくれないものかと思う人も多いでしょう。この花粉症というのは新しい病気であることはあまり知られていません。

症状はあった

かつてより2月から3月のシーズンにアレルギー症状が多く表れるといったことはありました。しかしながら、それは季節柄、風邪の一種ではないかと考えられていたようです。花粉症がはじめて確認されたのは1964年、栃木県日光市だと言われています。花粉症に似た症状はありますし、慢性鼻炎もあります。さらにハウスダストなど他の要因でもアレルギー症状は起こるので、はっきりと原因がスギ花粉とは特定されていなかったのです。

花粉症は現代病?

さらに花粉症のなかでももっとも劇的な症状を引き起こすものが、スギ花粉です。このスギというのは自然に生えているものではなくほとんどが人工林、植林事業によって植えられました。かつてはある程度の時期が来ると切り取られて、新たに植林されることがありました。しかし国内の材木の値段が下がっており、放置される人工林が増えてきたため、そこからスギ花粉が大量に放出されるといったことが起きています。

地方によっては大丈夫?

そのため、スギがない場所へ行くとだいぶ症状がやわらぐといったこともあるようです。日本国内でも北海道や沖縄はそれほど花粉症の症状はひどくないといった話もあります。