入浴後はアイスよりヨーグルトを食べるべき2つの理由【免疫力を高める生活習慣】

「お風呂にゆっくりとつかって、リラックスしたあとに食べる冷たいアイスクリームはもう最高!」

一度はそんな気持ちになったことがあるのではないでしょうか。日本アイスクリーム協会の調査によると、最もアイスクリームを食べたくなるタイミングは「お風呂あがり」です。なんと全体の7割を超える高支持率を得ています。

たしかにお風呂で身体がホカホカに温まったあとですと、冷たい口どけのアイスクリームはよりおいしく感じられるのかもしれません。しかし、これは免疫力という面から考えると、あまりおすすめできない習慣なのです。入浴後にアイスを食べてはいけない2つの理由を、免疫力研究の第一人者・矢崎雄一郎さんの著書「免疫力をあなどるな!」より紹介します。


1. おなかの体温が低下

最初の理由は、せっかくお風呂で温まったおなかを、アイスクリームが冷やしてしまいかねないからです。おなかが冷えて体温が下がると、自然免疫の機能も落ちてしまいます。

ふたつ目の理由は、「アイスクリームにはたくさんの砂糖が含まれている」ということです。あの冷たさで十分な甘さを感じるためには、相当な量の砂糖を使わなくてはなりません。

ちなみに一般的なバニラ味のアイスクリーム一カップ(120ml)に、だいたい15グラムの砂糖が使用されています。2014年3月に発表されたWHO(世界保健機関)の新指針案によると、一日の摂取カロリーに砂糖などの糖類が占める割合は5パーセント未満が望ましいそうです。

これは平均的な大人の場合、だいたい25グラム、ティースプーン6杯分の砂糖に相当します。つまり、アイスクリームを1カップ食べただけで、一日摂取量の6割の砂糖を体内に取り入れてしまうことになります。

2. 砂糖の摂りすぎでビタミン・ミネラル不足に

じつは、砂糖の摂りすぎは免疫力を大きく低下させる原因になります。私たちの身体が砂糖を消化するとき、免疫力維持に欠かせないビタミンやミネラルを大量に消費します。そのため、砂糖の過剰摂取はボス細胞を活性化するのに必要なビタミンやミネラルの欠乏を招いてしまうのです。

できることならば寝る2時間前には胃腸を休ませてあげるのが理想です。寝る前に何かを食べると、消化活動をしながら寝ることになるので胃腸に負担がかかってしまいます。そうならないよう身体が寝るより先に、まずは胃腸を「お休みモード」にしてあげると睡眠の質も高まります。

それでも、どうしても寝る前にデザートが食べたいという方には、腸内環境をよくするヨーグルトをおすすめします。ヨーグルトに含まれるたんぱく質やカルシウムは、発酵によってより吸収しやすくなっているため、ヨーグルトは栄養価が高いのに消化もよく胃腸にやさしいのです。

そして、何よりも免疫力を活性化する乳酸菌が豊富に含まれています。乳酸菌は腸内のボス細胞(免疫力維持に欠かせない樹状細胞のこと)に刺激を与え、活性を強化します。まさに腸のトレーニング「腸トレ」になるのです。しかも乳酸菌は生きていても死んでいても、免疫細胞に刺激を与える力が弱まることはありません。「生きたまま」じゃなくても免疫力を上げてくれるのです。

このように、お風呂あがりにはカロリーを気にしながら免疫力を低下させてしまうアイスクリームを食べるよりも、腸にやさしいヨーグルトを食べてボス細胞のために腸トレに励むことのほうが、はるかにおすすめなのです。

免疫力を高めるには、毎日の生活習慣が大切です。免疫力を高めたい人は、免疫力研究の第一人者・矢﨑雄一郎さんの著書「免疫力をあなどるな!(サンマーク出版)」を読んでみてはいかがでしょうか?

「免疫力をあなどるな! 免疫力を高める方法【決定版】」の詳細を調べる

    
コメント