偉人ほど「昼寝」の達人! たった10分の仮眠が免疫力を強くする理由

睡眠時無呼吸症候群が原因となって起きた、電車の事故や深夜バスの事故はまだ記憶に新しいところです。十分な睡眠を取ることができずに、多くの人の命が奪われました。しかし、これは決して電車やバスに携わる人だけの話ではなく、私たち一人一人の免疫力や集中力にも、大きく影響を及ぼすトピックなのです。

最近ではそんな昼寝の効能が知られるようになり、企業によってはオフィスに仮眠用の休憩室を設けているところもあるようです。

歴史上の人物でも、昼寝を積極的に取り入れていた偉人は数多くいます。一日3時間しか寝なかったことで有名なナポレオンも昼寝の達人だったといわれていますし、ルネサンスの天才、レオナルド・ダ・ヴィンチに至っては、4時間ごとに15分の昼寝をして、常に頭脳を明晰な状態に保っていたといいます。

昔は現代のように睡眠に関する研究が進んでいなかったにもかかわらず、こうした偉人たちは経験的に昼寝の効能を知っていたのかもしれません。なぜ「昼寝」が免疫力を強くするのかを、免疫力研究の第一人者・矢﨑雄一郎さんの「免疫力をあなどるな!(サンマーク出版)」より紹介します。


たった10分の仮眠が免疫力を強くする

昼寝や仮眠も含め、睡眠には運動やハードなデスクワークなどで酷使されて傷ついた免疫力を高めるボス細胞(樹状細胞)を回復させる効果があります。運動や仕事などで身体や頭が疲れ、ストレスがたまると、活性酸素と呼ばれる「身体のサビ」のようなものが発生して細胞を傷つけます。

このとき、ボス細胞をはじめとする免疫細胞も傷つけられているので、当然ながら免疫力は大きく低下してしまいます。それを回復させるのが、睡眠の効果なのです。

活性酸素に傷つけられた細胞からは「疲労因子」というものが出てきます。この疲労因子が、私たちの感じる「疲れ」の正体です。これが血中に蓄積されると、私たちは「身体がだるい」「頭がボーっとする」というような疲労感を覚えるようになります。

そこで疲れを自覚してきちんと休むと、今度は睡眠中に疲労因子の働きを阻害する「疲労回復因子」というものが出てきて、傷ついた細胞を修復してくれます。

一方、休むことなく無理を続けてしまうと、細胞が回復できないまま壊れてしまう。この疲労回復因子が出るのは、睡眠をとって休んでいる間です。だからこそ、仮眠でもかまわないので、とにかく寝ることが重要なのです。

日中に疲れを覚えたときには、ぜひ10分でも20分でも仮眠してみてください。仕事の合間に仮眠をとると、その効果はてきめんで、仮眠後には頭がすっきりとします。もし、10分では寝つけないというのであれば、目を閉じて安静にしているだけでも疲れが軽減されるはずです。

傷ついたボス細胞を修復して免疫力を回復させてくれる疲労回復因子は、加齢によってどんどん回復力が弱くなってしまうことがわかっています。その一方で、身体を疲れさせてしまう疲労因子の量やパワーは子どもから高齢者まで、同じように出てしまうのです。

つまり、歳を重ねれば重ねるほど、人は疲れやすく、その回復にも時間がかかってしまうということになります。だからこそ、効果的に仮眠をとって疲れを残さず、免疫細胞の回復を促せるようにしたいものです。

うまく仮眠を利用して、免疫力を高めましょう! 免疫力研究の第一人者・矢﨑雄一郎さんの著書「免疫力をあなどるな!」には免疫力アップに役立つ情報がたくさん書かれています。気になる人は書店で読んでみてはいかがでしょうか?

「免疫力をあなどるな! 免疫力を高める方法とは?」の詳細を調べる

    
コメント