過剰歯ってなんだ?

人間の歯は、32本ときまっています。これは大人の永久歯の数で、親知らずを入れた本数です。親知らずは生えてこない人や、抜歯をする人も多いので、28本という人が多いかもしれません。これに対して子どもの歯は20本です。これは決まった数字です。しかし、中には32本以上の歯を持つ人もいます。これが過剰歯と呼ばれるものです。


どこにある?

過剰歯というのは、さまざまな場所に発生します。よくあるものとしては、正中過剰歯というものがあります。これは上顎の前歯の上のあたりに発生するものです。もうひとつが第四臼歯と呼ばれるものです。これは親知らずこと、第三臼歯のさらに後ろに発生するものです。親知らずでさえ、生えてくるスペースがないので、第四臼歯は当然顎の中に埋もれているケースが多くあります。

生えてくる?

過剰歯は、乱雑な方向から生えてくることもありますが、中にはずっと顎の中にとどまったままの場合もあります。こうした場合、歯並びに影響を与えるといわれています。そのため、歯列矯正などをする際には抜歯が必要となります。この抜歯の方法なのですが、基本的にハンマーとノミを使っておこなわれます。つまり顎の肉を切り開いて、少しずつ、骨を削って歯を取り出すものです。科学が進んでいるのですから、もう少し現代的な技術はないものかと思うのですが、もっともオーソドックスな方法として用いられているようです。

「仕事力を上げる身体のメンテナンス方法」の詳細を調べる

    
コメント