マスクの本当の意味

冬が本格化してマスクをする人を多く目にするようになりました。そもそも、マスクの効能とはなんでしょうか。マスクをすることによってインフルエンザウイルスなどの感染を防止することにあると考えている人が大半ではないでしょうか。しかし実際のマスクの効能は異なるものです。


マスクが絶対とは限らない

マスクをずっとしていてもインフルエンザをはじめとするウイルスを完全に吸い込まないようにするということはできません。しかし、マスクをしないよりはした方が少しは効果があるという程度の問題なのです。

実はマスクの効能というのは、何かのウイルスなどに感染している人が、それを飛散させてしまうことを防止するためのツールなのです。

つまりウイルスを吸い込まないことに関しては効果は未知数であるが、ウイルスを放出しないことに関しては一定の効果があるということなのです。

マスクよりもうがい手洗い

インフルエンザなどへの感染防止として効果的なのはマスクよりも、うがいや手洗いといったものになります。これらの措置には殺菌作用がありますので、より効果的にウイルスを撃退することができます。

マスクの力はあまり信用しすぎない方が良いでしょう。しかし、マスクそのものが無能というわけではありません。さらに、喉を傷めつけないようにする、乾燥を防ぐ、保湿を続けるといったことに関しては効果が見込まれるので活用してゆくと良いでしょう。

「花粉症対策の基本【マスク、眼鏡、髪型にも注意】」の詳細を調べる

    
コメント