肉を食べると長生きできない!? 歴史が証明した肉食の弊害

最近「長生きしたけりゃ肉を食べるな」が人気の本となっています。なぜ肉を食べると長生きできないのでしょうか? 健康で長生きしたい人のために肉を食べると長生きができなくなる理由を紹介します。


日本人の腸は肉食向きではない

日本人の腸は長くて肉食に適していません。これは、腸が短い西洋人にとっても、肉食は短命を招く原因になってしまい、長生きができなくなってしまいます。

歴史でも肉食は長生きできないことを証明している

肉食は長生きできないことを歴史も証明しています。これは第一次世界大戦中のデンマークでの出来事です。戦争のため海上が封鎖され、デンマークでは、外国から食糧を輸入できなくなってしまったため、自給自足体制を取らざるをえませんでした。このとき、食糧大臣となったのが栄養学者のヒンドヘーデという人で、国内の家畜をすべて殺してしまったのです。家畜に与える穀物がなくなったのが理由でした。実は、ヒンドヘーデは過去にさまざまな食事パターンを自分で実践したことがあり、菜食中心の食事が理想的だと確信していました。そこで、肉食に頼らなくても人間は健康的に生きていけると判断し、家畜を殺してしまったのです。

その結果、どうなったかのでしょうか?

第一次世界大戦の年と翌年の2年間の国民の死亡率が大幅に減少しました。さらに、病気になる人が減少し、国民全体の健康状態がとてもよくなったのです。

ドイツは肉食を推進し病人を増やした

一方、ドイツでは、現代栄養学の提唱者ともいうべき栄養学者ルブナーが、

「スタミナをつけるためには肉食がいい、野菜ばかり食べていたら戦争に負けてしまう」

と肉食を奨励しました。その結果、スタミナがつくどころか病人が増え、亡くなる人が急増してしまったのです。結局、ドイツは戦争に負けてしまったのですが、ルブナーが家畜に野菜を与え、人間に肉を食べさせたから敗戦国になってしまったのだと批判する人もいたそうです。

このように肉を食べると長生きできないことは、歴史も証明しています。それでもまだ肉食を続けますか? 肉食の人は短期でケンカ早い人が多く、トラブルを起こしがちです。肉好きの人はガンや心臓病などの循環器系の病気で倒れることが多いなど、日本人の有病率が、肉が身体に悪いことを証明しているのです。肉が大好きな人、健康を維持したいと思ったら「長生きしたけりゃ肉は食べるな」を読んでみてはいかがでしょうか?

「長生きしたけりゃ肉は食べるな(若杉友子)」の詳細を調べる

    
コメント