コーヒーフレッシュはミルクではなく植物油! 食品添加物の恐怖

コーヒーフレッシュは、牛乳(ミルク)や生クリームから作られてはいません。じつは植物油から作られているのです。食品添加物の恐怖について考えてみましょう。


コーヒーフレッシュの正体は油

植物油に水を混ぜ、添加物で白く濁らせ、ミルク風に仕立てたものが、あの小容器の「コーヒーフレッシュ」の正体なのです。植物油を使うことで、牛乳や生クリームを使用するよりもはるかに安くできる。だから「使い放題」にできるのです。そしてそれは、ちゃんと「裏」を見ればわかります。

「植物性油脂、乳化剤、増粘多糖類、pH調整剤、着色料、香料」

裏をよく見れば、「牛乳(ミルク)」とは一言も記載されていないはずです。容器にも「ミルク」とは謳っていません。「コーヒー用クリーム」「コーヒーフレッシュ」などと表示されています。しかも、小容器を詰めた大袋のみに書かれていて、容器そのものにはこれらの表示は書かれていません。

このように容器や包装が小さい場合は表示しなくていいと、食品衛生法で決められているのです。だから喫茶店やファミリーレストランで出された場合は、「裏」の原材料表示を確かめようがないのです。

水と油と「白い粉」でコーヒーフレッシュができる

サラダ油に水を混ぜて白濁させ、「ミルク風」にすると書きましたが、普通の状態では水と油は混ざりません。そこで添加物の登場です。まずは「乳化剤」を使用します。乳化剤というのは、界面活性剤のことです。界面活性剤を入れると、あっという間に油と水が混ざって、ミルクらしく白く乳化します。

しかしこれではミルクらしいとろみがありません。だから「増粘多糖類」でとろりとさせます。乳化剤も増粘多糖類も「一括表示」ですから、何種類使われているかわかりません。仕上げは「カラメル色素」。ごく薄く茶色に着色することで、いかにもクリームらしい色合いになります。日持ちさせるために「pH調整剤」も入れます。クリームの香りの「香料」も入れます。

いつもコーヒーに入れているあの「ミルク」は、水と油と複数の添加物でできた「ミルク風サラダ油」だったのです。植物油でクリームをつくってはいけないという法律はありません。しかしこれは、明らかに「もどき商品」「フェイク商品」ではないでしょうか。加工食品にはこうした「もどき」「ごまかし」が実に多いのです。

コーヒーフレッシュが、なぜそれほど高くない喫茶店やファミリーレストランで山と積まれて「使い放題」になっているのかという「素朴な疑問」を持って、その理由を考えることが大切です。

コーヒーフレッシュに限らず、なんの疑いも問題意識もなく使っているのでは、いつまでたってもメーカーの思うツボです。 「ニセモノ食品」が横行している現代こそ、「本物」を見抜く目を持つことが大切です。

「食品の裏側―みんな大好きな食品添加物(安部司)」の詳細を調べる

    
コメント