胃薬を飲めば飲むほど胃が悪くなる? 健康のポイントとなる「消化」とは?

消化不良が健康に悪影響を与えていることを知っていますか? ちょっと胃の調子が悪いからといって胃薬を飲むとさらに悪影響です。今回は、健康のポイントとなる「消化」について説明します。


消化とは?

消化不良を防ぐには、毎日無意識のうちに体内で行なわれている「消化のシステム」について、知っておくことが大切です。

「消化」とは、食物の中にある「炭水化物、タンパク質、脂質」の三大栄養素を、小腸から吸収できるような分子レベルのサイズにまで、小さくする作業のことです。この三大栄養素のほかに、ミネラルやビタミンなどの他の栄養素も、同様に小腸から吸収されていきます。

私たちがものを食べると、口から入った食物は、胃→小腸→大腸へと移動しながら、消化、吸収の作業が進んでいきます。そこでは各臓器でいろいろな種類の酵素が働き、栄養素を小さく分解していくという、緻密な作業が行なわれています。

なぜならタンパク質ならアミノ酸、炭水化物ならブドウ糖、脂肪なら脂肪酸に分解されなければしっかりと吸収できず、よい栄養として体に取り込むことができないからです。

例えばタンパク質は、アミノ酸が1,000個以上も糸で繋がれたような状態になっています。消化とはこのネックレスのようにつながった状態を、消化酵素が中心となってバラバラにする作業なので、消化酵素が不足していれば、うまく作業ができません。

タンパク質の消化は、胃の中のペプシンという消化酵素の働きで、まず大まかに行なわれます。その後小腸に入ると膵臓からの消化酵素と小腸から出る消化酵素(約10種類)によって、バラバラに切り離されます。酵素はネックレスのつながりの糸を切る鋭利な刃物のようなものです。

炭水化物も、ブドウ糖、果糖などの「単糖」に切り離されないと、吸収がうまくいきません。炭水化物はまず、口の中のα-アミラーゼという消化酵素の働きで、胃や腸で消化作業が進めやすいサイズに小さく切り離されます。よく噛んで、しっかり唾液を混ぜることで、消化作業はスムーズになります。そのため「よく噛む」ことは、「完全なる消化」をするために、とても大切なのです。

胃の中には炭水化物の消化酵素は以前はないと考えられていましたが、最近は胃上層にアミラーゼが存在することがわかってきました。そのアミラーゼの作用により大ざっぱに消化され、胃酸の働きで分解しやすいように、軟らかくほぐされます。その後、小腸でマルターゼ、フルクターゼなどの消化酵素によって、単糖のブドウ糖や果糖になり、吸収できる状態になります。

また脂肪はネックレス状ではなく、イモ虫のような3つの脂肪酸が、グリセロールに繋がった状態になっています。この繋がりを断ち切ることが、脂肪の消化にあたります。リパーゼという消化酵素が、脂肪の消化には活躍します。

このように消化は、それぞれの栄養素にあわせて、消化酵素が胃酸や補酵素、胆汁などと共同作業を行なうものです。消化酵素が十分になければ、「完全なる消化」を行なうことはできませ。完全なる消化ができないと、栄養がしっかり吸収できないばかりでなく、さまざまな弊害が起こるのです。

不完全な消化の問題

「不完全な消化」でいちばん問題になるのは、消化しきれなかった残留物が、腸内で悪玉菌のエサになることです。例えばタンパク質が完全に消化されないと、「窒素残留物」というタンパク質のかけらが残りますが、これは悪玉菌の大好物です。

悪玉菌が増えると腸内は腐敗、異常発酵を起こし、血液を汚します。そして、さまざまな疾患の原因になります。「完全な消化」を毎日できるように食事に気をつけることこそが、健康を守るうえでいちばん大切なことなのです。

胃薬を飲めば飲むほど、胃が悪くなる

「消化不良が、あらゆる病気の原因になる」のですが、ちょっと食べ過ぎたり、飲み過ぎたりすると、誰でも消化不良になります。消化不良を防ぐには、過食やストレスを避ける生活をするのがいちばんです。しかし時には羽目を外して、飲んだり食べたりしてしまうこともあるものです。

消化不良で胃がもたれたり、気分が悪くなったりすると「胃薬を飲まなくては」と思う人は多いことでしょう。しかし 「胃薬を飲み続けていると、さらに胃が悪くなる」という皮肉な結果が待ち受けていると知っている人は、まだまだ少ないようです。

消化は基本的には消化酵素と補酵素(ビタミン、ミネラルと消化液など)にて行なわれます。消化酵素が十分あり、消化液(胃酸)の働きもよければ、消化不良になることはありません。しかし酵素不足の食生活を続けて、胃酸が不足すると、消化不良になってしまいます。

胃酸の主成分は塩酸で、ペプシノーグルという酵素をペプシンに変える働きがあります。ペプシンは「タンパク質分解酵素」ですので、胃酸が少なく、しかもペプシンの分泌も少なければ、タンパク質の消化が悪くなります。同時に炭水化物の消化もおろそかになってしまいます。

胃薬のテレビコマーシャルなどを見ていると、あたかも「胃酸過多が消化不良や胃の不調の原因」のように思えますが、実はまったく逆です。実際は「胃酸過少」または「胃酸ゼロ」の状態が続くことで、胃の中に腐敗菌が増え、反射的に「胃酸過多」になっているのです。

「胃酸過多」は、あくまでも結果だけを見た状態であって、本当の不調の原因は「胃酸過少」なのです。胃酸過少などという言葉は聞いたことがないと思います。アメリカではこれがトピックになっているのです。検査をすると胃酸過少の人ばかりということがわかってきたのです。

胃酸過少の原因

  • 西洋の胃薬(制酸剤)
  • 食べてすぐ眠ったり夜食を摂ったりのライフスタイル
  • 過食が原因の消化不良
  • 過度のストレス

などで起こります。西洋の胃薬は悪循環の大原因なので、気をつけなくてはいけません。市販されている胃薬のほとんどは、胃の動きをストップさせる作用のものばかりで、胃酸分泌はますます少なくなります。そのため胃薬を飲み続けていると、かえって消化不良を進行させる悪循環を招くことになり、消化不良はさらに進行し、別の病気のきっかけになってしまうのです(一時的に胃痛を防ぐ目的で飲むのはかまわないのですが、常用がよくないのです)。

同様に胃潰瘍の治療で使われる「胃酸抑制剤(抗潰瘍剤)」を長期間飲み続けることは、当然体によくありません。胃酸不足は消化不良だけでなく、ガス(おなら)、ゲップ、便秘、下痢、腹部膨満などを引き起こすもとになり、そのうち免疫も低下していくのです。

消化不良を改善するには?

消化不良を改善するいちばんの方法は、酵素たっぷりの食事を摂ることです。また消化力が弱っているときは、半断食などを行ない、消化器官を休ませてあげることも大事です。

「胃腸の調子が悪ければ胃腸薬、頭が痛ければ頭痛薬」というように、すぐに不快な症状や痛みを抑えてくれる薬を求めがちです。これは西洋医療の「病名診断→薬剤投与」という図式が、私たちの頭にしっかり叩き込まれている結果だと思います。

体に不調があったら医師の診察を受け、必要な検査をしてその結果病名を診断する。これは必要なことだと思います。しかし診断がついたら、すぐに薬剤を投与するという治療法は、どうも疑問に思えてしまいます。

ほとんどの人は、医師の診断に基づいて処方された「薬を飲む」ことが治療だと思っていることでしょう。しかし、薬を飲むことだけが治療ではありません。逆に薬を飲み続けると、体に何かしらの悪影響がでることもあるのです。

本質的な治療法である「食事内容や生活の改善」を、常に意識するようにしたいものです。まず「消化させる」ということこそ、考えなくてはならない健康法の第一歩なのです。

参考本

「酵素が病気にならない体をつくる!(鶴見隆史)」

    
コメント