現代人が飽食病になる理由

「飽食病」と呼ばれる病気があります。代表的なのは、心臓病、がん、糖尿病、骨粗鬆症、肥満の5つです。飽食病は豊かさから来る病気で、先進国に蔓延しているいっぽう、中国にはほとんど存在しません。なぜ、現代人は飽食病になってしまうのでしょうか?


動物性食品が飽食病の原因

中国人とアメリカ人の食生活の最大の違いは何でしょうか?

中国人は動物性食品からたんぱく質の7パーセントを摂取している。
アメリカ人は動物性食品からたんぱく質の70パーセントを摂取している 。

つまり、アメリカ人は中国人にくらべて、動物性食品に依存する割合が10倍も高いのです。多くのアメリカ人は肥満していて、さまざまな病気を患い、骨折しやすいのが現状です。それに対し、中国ではこういう状況になっていません。

「たんぱく質の80~90パーセントは植物性食品から摂取するようにし、動物性食品からの摂取は10~20パーセントに抑えるよう生活改善をする必要がある。動物性食品をあまり重視せずに量を控えることが望ましい」

たしかに、私たちの2、3世代前の人たちも肉を食べていました。しかし、休日にパーティーを開いたときに食べる程度で、それほどひんぱんではありませんでした。ところが現代のアメリカ人は、朝、昼、晩と1日3回、脂肪とコレステロールを摂取しています。

現代人のこのような生活習慣は、昔では考えられなかったことです。中国健康プロジェクトでの研究成果は、生活改善によって飽食病を回避できることをはっきりと示しています。

現代人は動物性食品を混んで食べることで、飽食病になっているのです。

「からだの力が目覚める食べ方(ハーヴィー・ダイアモンド)」の詳細を調べる

    
コメント