ガン予防にも効果的! 野菜をすりおろすと、酵素が3倍になるって知ってた?

生野菜は豊富な酵素はもちろん、ビタミン、ミネラル、ファイトケミカルなどが摂れるすぐれた食材です。しかしただ食べるのではなく「すりおろして食べる」ことで、さらにそのパワーが3倍にアップすることを知っていますか?


すりおろし野菜は3倍の健康効果?

昔から「胃の調子が悪いときはダイコンおろし」「咳が出るときはレンコンおろし」といったように、すりおろし野菜は体の調子を整えるのに使われてきました。さらに最近の研究で、野菜をすりおろすと酵素が活性化され、その働きが2倍にも3倍にもなることがわかってきたのです。

すりおろしでおすすめの野菜

すりおろして食べるのに適した野菜は、ダイコン、カブ、ショウガ、ニンジン、キュウリ、レンコン、ヤマイモ、タマネギ、ニンニクなどのほか、意外なところではサツマイモやジャガイモ、キャベツなどもおすすめです。

ガン予防にも効果的!

アメリカのジョンズ・ポプキンス医科大学のタラレー教授が「アブラナ科の野菜がガン予防に効果を発揮する」ことを1992年に発表し、話題になりました。キャベツ、ダイコン、カブ、白菜、ブロッコリー、カリフラワー、小松菜などはアブラナ科の植物ですが、これらの野菜を私たちが咀嚼し、体内に取り込んだとき、きわめて強い抗酸化物質が発生し、ガンの予防に効果があるというのです。

この抗酸化物質も、すりおろして摂ることで、働きがよくなります。毎朝、ダイコン、カブ、ショウガ、ニンジンなどのすりおろしを食べることをおすすめしています。

おろし器はどれがおすすめ?

おろし器はセラミック製をおすすめします。酸化を防ぎ、使いやすく後片付けもラクです。また、最近は電動のすりおろし器(イワタニ製など)もあり、便利なのでおすすめです。

野菜をすりおろすだけで、酵素は3倍の効果になります! すりおろし野菜をたくさん食べて健康になりましょう!

「酵素が病気にならない体をつくる!(鶴見隆史)」の詳細を調べる

    
コメント