医療

終末期医療、延命治療、尊厳死、病気の症状や治療など医療に関する情報を紹介していきます。

  • 30代でも脳梗塞になる?

    脳梗塞といえば、年齢を重ねた人や、不摂生を繰り返した人がなる病気と思われがちです。しかし、若い人でも脳梗塞になる可能性はあります。

  • 薬の投与時間「食間」の勘違い

    薬にはさまざまな飲むパターンがあります。もっともベターなのは、1日3回食後があるでしょう。さらに、寝る前が加わって4回となることがあります。場合によっては食前を指定される場合もあります。食後ならばわかりやすいですが、ちょっとわかりづらい表記もあります。

  • 症状が出てからでは遅い! 花粉症対策は早めに

    1月に入り、あとは春を待つだけという状況の人も多いでしょう。しかし、春先には花粉症が待ち構えています。 症状が出てからでは遅い 花粉症の症状は、目のかゆみや、くしゃみや鼻水などアレルギー反応が多くあります。鼻水を止める薬や、花粉を防止するマスク

  • 日本でエボラ出血熱は調べられない?

    エボラ出血熱が猛威をふるっています。アメリカ本土においてエボラ出血熱の二次感染者が登場しました。アフリカから渡航してきた感染者が発症し、二次感染者を生み出したといわれています。 現在は航空網が発達していますので、現地で病気に感染し、発症は本国に帰国してか

  • かつてもデング熱は日本で大流行していた?

    代々木公園に端を発したデング熱パニックも秋が深まるにつれて終息の気配を見せています。デング熱といえば熱帯でかかる病気という印象が強く、まさか日本でかかるとは思っていた人もいないのではないでしょうか。しかし、デング熱はかつて日本で大流行していたのです。

  • 脱水症状時の緊急対策

    これから本格的な夏のシーズンを迎えようとしています。昨年に引き続き猛暑の季節となるのでしょうか。 猛暑の場合、気をつけたいのが脱水症状です。脱水症状は軽い場合は体が火照るといった症状くらいしかでないため、異変に気づきにくいというのがやっかいです。脱水症状

  • 病院選びの前に! 紹介された病院で治療するべき?

    多くの人が会社などで健康診断を受けるこの時期。万が一、あなた自身やあなたの大切な家族に何か重大な病気が見つかった場合、どこの病院で診てもらえばよいのか。そして、どのように病院を選べばよいのか。紹介されるままの病院で本当にそれでよいのか。わからないことだらけの人

  • なぜ、病院のCMはイメージビデオみたいなものばかりなのか? 広告規制と病院の関係

    美容外科のテレビCMをみて、なんか変だなと感じたことはありませんか? 美容外科のCMだったら、どんな症状や状態が対象で、どんな治療や手術が行なわれ、料金はどのくらいかかるなどの情報を伝えるべきだと思うのに、草原で犬が飛び回っていたり、砂浜で女性がバレエを踊って

  • 最近、病院の中でスタバやコンビニをよく見かけるのはなぜ?

    最近、スターバックスやタリーズなどのコーヒーチェーンやコンビニを誘致する病院が増えています。なぜ、病院の中でスタバやコンビニが増えているのでしょうか? 病院は人が集まる 病院は人がたくさん集まる場所です。外来患者や入院患者、その付き添いやお見舞

  • 病院外の薬局で薬を出されるのはなぜ? 院外処方のメリット、デメリット

    病院や診療所で診てもらった後、かつては、院内で処方した薬をその場でもらうのがふつうでした。ところが最近では、病院外の保険薬局で、病院でもらった処方せんと引き換えに薬を受け取るようになってきました(院外処方)。病院内ではなく、病院外の薬局で薬を出されるのはなぜな

  • 日本国民の約70%がスギ花粉症? 日本人とスギ花粉症の関係性

    日本国民の約70%がスギ花粉症の抗体を持っていることを知っていますか? 日本人とスギ花粉症の関係性について紹介します。 スギ花粉症の発見 スギ花粉症は、齋藤洋三先生が栃木県日光地方の耳鼻科に勤務していた1963年の3月から4月にかけて鼻、眼、咽

  • 病院の食事が「最近おいしくなった」って本当?

    入院中の患者さんの楽しみのひとつが食事でしょう。病院の食事といえば、早い、冷たい、まずい、というのが定番でした。しかし、サービス向上の一環として、ここ10年で、適切な時間に、温かいものは温かく、冷たいものは冷たく、そして、おいしく供されるなど、だいぶ改善されて

  • 花粉症状の悪化を防ぐコツ【タバコ・酒・食品の注意事項】

    花粉症状の悪化を防ぐコツがあることを知っていますか? タバコ、酒、食品、睡眠など生活習慣に気をつけるだけで、花粉症の症状を和らげることができます。 タバコは症状悪化の原因 タバコの煙には、アレルギー症状を悪化させる化学物質が含まれており、煙その

  • 花粉症の始まりはイギリスの枯草熱!? 知られざる花粉症のルーツとは

    第二次世界大戦以前には、日本では存在さえ知られていなかった花粉症が、近年これほどまでに増加したのには、いったいどんな理由があるのでしょうか? 日本人の国民病ともいわれる花粉症のそもそものルーツは、じつはイギリスにあったことがわかりました。 19世

  • 花粉症対策の基本【マスク、眼鏡、髪型にも注意】

    花粉症の季節となりました。目のかゆみやくしゃみが止まらない人も多いですよね。そんな花粉症状の辛さを少しでも軽減させる花粉症対策の方法を紹介します。 花粉の飛散量が多い時間帯 花粉の飛散量を1日のうちで見ると、一般的に、日の出前後の飛散量がもっと

  • 日本にスギ花粉症が出現した3つの原因

    イギリスにおけるカモガヤ花粉症出現の経緯とほぼ同じことが、戦後の日本でも起こりました。それがスギ花粉症の出現です。第二次世界大戦前には見られなかったスギ花粉症が、戦後になって激増したおもな原因として、次の3つの原因が考えられます。 日本にスギ花粉症が

  • 花粉症が発症する「背景」と「引き金」はスギ花粉?

    すべての人が花粉症を発症するわけではありません。人によって症状の有無、強弱がありますが、発症するには必ずその前提となる「背景」と「引き金」が存在します。花粉症が起きる「背景」と「引き金」を、現在判明している範囲で紹介します。 スギ花粉の飛散量

  • 花粉症になる原因。花粉症のメカニズム、主な症状とは?

    花粉症がなぜ起きるのか、そのメカニズムを知っておくことが花粉症予防には大切です。花粉症となるメカニズム、主な症状を紹介します。 花粉症のメカニズム 花粉症のきっかけは、異物である花粉(抗原)が鼻や口などを経由して体内に侵入し、気管支や鼻粘膜に達

  • 花粉症の治療方法! 対症療法と栄養療法

    花粉症の治療は現在どのように行われているのでしょうか。花粉症の治療方法で一般的な対症療法と栄養療法について紹介します。 花粉症の治療方法 花粉症治療は、健康保険適応の治療から民間療法まであります。その中でも最も一般的なのは、「症状を薬で抑え込む

  • 病院での診療の良し悪しは、患者の行動で決まってしまう!? 医者のかかり方完全マニュアルとは

    よい病院を見つけて、よい医者に出会って、よい診察と治療を受ける。これって、案外思い通りにいかないものです。ではなぜ、うまくいかないのかを、考えたことはありますか? 実は、患者の立場となる我々の行動が大きな原因となっているのです。 病院や医者を自分に合うか

1 / 3 1 2 3 最後 »