医療

終末期医療、延命治療、尊厳死、病気の症状や治療など医療に関する情報を紹介していきます。

  • 痛みの治療で最も多く使われる「星状神経節ブロック」とは?

  • ストレスを解消して痛みをやわらげる4つの方法

    痛みは、ストレスによって引き起こされたり、悪化したりします。とくに、慢性的な痛みのある人は、精神的なストレスを感じることでさらに痛みが悪化してしまいます。ここでは、ストレスを解消して、痛みをやわらげる方法を4つご紹介します。

  • 「冷え」は痛みの大敵。体を温める5つのポイント

    首や肩のこり、腰痛などを悪化させる大きな原因のひとつは冷えです。体が冷えると、末梢の血管が収縮したり筋肉が緊張したりして、血流が悪くなってしまうからです。逆に考えれば、体を温めて冷えを解消すれば血流がよくなって、痛みがやわらぎます。日頃の生活をちょっと見直すだけで血流は改善することができます。ここでは、体を温めるのに効果的な5つの方法をご紹介します。ぜひ普段の生活に取り入れてみてください。

  • 足がつる!「こむらがえり」は運動と食事で予防しましょう

    ふくらはぎの筋肉が急激に収縮し、つることを「こむらがえり」(腓腹筋痙攣)といいます。今回は、その足がつる原因と対処法についてご紹介します。

  • 肩が痛い!「肩こり」は、肩と首の緊張をほぐしましょう

    多くの人が悩まされ、国民病ともいわれる「肩こり」。ここでは、肩周辺の筋肉の緊張と血流不足が原因の肩こりに、普段の生活で取り入れることできる対処法をご紹介します。

  • 「痛いの痛いの飛んでいけ」には科学的根拠があります

    多くの人は子どもの頃、ちょっとしたケガをしたときに、お母さんが「痛いの痛いの飛んでいけ」といいながらやさしくさすってくれると、不思議と痛みがやわらいだという経験があるのではないでしょうか。これは、子ども向けの単なるおまじないのように思えるかもしれませんが、実は本当に効果があります。

  • 暗い気持ちになっていませんか?「負の精神状態」は痛みの最大の要因になります

    ストレスを溜めると同じ痛みでもより大きな苦痛を感じます。負の精神状態は、私たちの体にどのような影響を与えるのでしょうか。今回は、心と痛みの関係についてご紹介いたします。

  • 「引っ込み思案」は痛みが長引く?!痛みには「人の性格」が関係している!

    痛みは人それぞれで違います。痛みを感じやすいタイプか、感じづらいタイプかということを、「痛がり」や「がまん強い人」といった言葉で表すことがあります。しかし、これはウソや仮病と片付けることはできないもので、患者は本当に痛みを感じているのです。今回は、痛みの感じ方が体質だけでなく、環境、性別、性格の違いでも変化することをご紹介します。

  • その痛み、もしかしたらやばいかも...!激しい頭痛のときは救急病院へ

    経験したことのないような激しい痛みに他の症状を伴う頭痛は緊急性が高く、「くも膜下出血」「脳出血」「脳腫瘍」などが疑われます。 では、それぞれ症状にどういった違いがあるのでしょうか。  今回は、3つの症状の特徴を説明します。

  • 痛みで目が覚めていませんか?夜間の痛みには注意が必要です

    夜、思わず激しい痛みで目が覚めてしまうようなことはありませんか?目を覚ますほどの痛みは感染による炎症やがんが隠れている可能性があり、実は非常に危ない状態です。今回は、知らないと怖い夜間痛についてご紹介します。

  • 痛みは痛みを招く!?〝痛みの悪循環〟とは

    痛みを放置するとどんどん痛くなる場合があります。痛みは”痛みの悪循環”をつくります。それに関係しているのが、自律神経の一つである、交感神経です。痛みがあることで、交感神経が高まり、交感神経が高まることで痛みが痛くなったり広がったりします。交感神経が高い状態が続くと自立神経失調症になったりします。

  • 病院で自分の痛みを的確に伝えられていますか?

    自分の痛みは本人にしかわからないものです。どのように痛みを具体的に表現し伝えるのか、その伝え方ひとつで診断の助けになり、適切な検査も行うことができます。ここでは、病院にいった際に是非使っていただきたい的確な痛みの伝え方をご紹介します。

  • いつまでも続いている痛みに要注意!「急性痛」と「慢性痛」の違いとは

    前回は、急性の痛みである警告としての役割をもつ「必要な痛み」と、単純にいつまでも続いている「不必要な痛み」があることをお伝えいたしました。 ここでは、ただ痛いだけで役に立たない「不必要な痛み」の中でも、いつまでも続いている痛みを「慢性痛」、治療の必要な疾患を「慢性疼痛」として説明していきます。

  • 「必要な痛み」と「不必要な痛み」ってどういうこと?

    痛みは、体の危険や異常を知らせる警告信号の役割を持っています。 痛みの警告信号によって、病院に行ったり、薬をのんだり、安静にしたりと、その痛みの原因になっている病気を治すための行動をとることができるのです。 今回は、痛みは体にとってなぜ必要なのかをご説明いたします。

  • 30代でも脳梗塞になる?

    脳梗塞といえば、年齢を重ねた人や、不摂生を繰り返した人がなる病気と思われがちです。しかし、若い人でも脳梗塞になる可能性はあります。

  • 薬の投与時間「食間」の勘違い

    薬にはさまざまな飲むパターンがあります。もっともベターなのは、1日3回食後があるでしょう。さらに、寝る前が加わって4回となることがあります。場合によっては食前を指定される場合もあります。食後ならばわかりやすいですが、ちょっとわかりづらい表記もあります。

  • 症状が出てからでは遅い! 花粉症対策は早めに

    1月に入り、あとは春を待つだけという状況の人も多いでしょう。しかし、春先には花粉症が待ち構えています。 症状が出てからでは遅い 花粉症の症状は、目のかゆみや、くしゃみや鼻水などアレルギー反応が多くあります。鼻水を止める薬や、花粉を防止するマスク

  • 日本でエボラ出血熱は調べられない?

    エボラ出血熱が猛威をふるっています。アメリカ本土においてエボラ出血熱の二次感染者が登場しました。アフリカから渡航してきた感染者が発症し、二次感染者を生み出したといわれています。 現在は航空網が発達していますので、現地で病気に感染し、発症は本国に帰国してか

  • かつてもデング熱は日本で大流行していた?

    代々木公園に端を発したデング熱パニックも秋が深まるにつれて終息の気配を見せています。デング熱といえば熱帯でかかる病気という印象が強く、まさか日本でかかるとは思っていた人もいないのではないでしょうか。しかし、デング熱はかつて日本で大流行していたのです。

  • 脱水症状時の緊急対策

    これから本格的な夏のシーズンを迎えようとしています。昨年に引き続き猛暑の季節となるのでしょうか。 猛暑の場合、気をつけたいのが脱水症状です。脱水症状は軽い場合は体が火照るといった症状くらいしかでないため、異変に気づきにくいというのがやっかいです。脱水症状

1 / 4 1 2 3 4 最後 »