病気・症状

ガン、風邪、インフルエンザなどの病気対策、様々な病気の症状など、健康管理に欠かせない病気の症状や対策を紹介します。

  • 30代でも脳梗塞になる?

    脳梗塞といえば、年齢を重ねた人や、不摂生を繰り返した人がなる病気と思われがちです。しかし、若い人でも脳梗塞になる可能性はあります。

  • 症状が出てからでは遅い! 花粉症対策は早めに

    1月に入り、あとは春を待つだけという状況の人も多いでしょう。しかし、春先には花粉症が待ち構えています。 症状が出てからでは遅い 花粉症の症状は、目のかゆみや、くしゃみや鼻水などアレルギー反応が多くあります。鼻水を止める薬や、花粉を防止するマスク

  • 日本でエボラ出血熱は調べられない?

    エボラ出血熱が猛威をふるっています。アメリカ本土においてエボラ出血熱の二次感染者が登場しました。アフリカから渡航してきた感染者が発症し、二次感染者を生み出したといわれています。 現在は航空網が発達していますので、現地で病気に感染し、発症は本国に帰国してか

  • かつてもデング熱は日本で大流行していた?

    代々木公園に端を発したデング熱パニックも秋が深まるにつれて終息の気配を見せています。デング熱といえば熱帯でかかる病気という印象が強く、まさか日本でかかるとは思っていた人もいないのではないでしょうか。しかし、デング熱はかつて日本で大流行していたのです。

  • 脱水症状時の緊急対策

    これから本格的な夏のシーズンを迎えようとしています。昨年に引き続き猛暑の季節となるのでしょうか。 猛暑の場合、気をつけたいのが脱水症状です。脱水症状は軽い場合は体が火照るといった症状くらいしかでないため、異変に気づきにくいというのがやっかいです。脱水症状

  • 日本国民の約70%がスギ花粉症? 日本人とスギ花粉症の関係性

    日本国民の約70%がスギ花粉症の抗体を持っていることを知っていますか? 日本人とスギ花粉症の関係性について紹介します。 スギ花粉症の発見 スギ花粉症は、齋藤洋三先生が栃木県日光地方の耳鼻科に勤務していた1963年の3月から4月にかけて鼻、眼、咽

  • 花粉症状の悪化を防ぐコツ【タバコ・酒・食品の注意事項】

    花粉症状の悪化を防ぐコツがあることを知っていますか? タバコ、酒、食品、睡眠など生活習慣に気をつけるだけで、花粉症の症状を和らげることができます。 タバコは症状悪化の原因 タバコの煙には、アレルギー症状を悪化させる化学物質が含まれており、煙その

  • 花粉症の始まりはイギリスの枯草熱!? 知られざる花粉症のルーツとは

    第二次世界大戦以前には、日本では存在さえ知られていなかった花粉症が、近年これほどまでに増加したのには、いったいどんな理由があるのでしょうか? 日本人の国民病ともいわれる花粉症のそもそものルーツは、じつはイギリスにあったことがわかりました。 19世

  • 花粉症対策の基本【マスク、眼鏡、髪型にも注意】

    花粉症の季節となりました。目のかゆみやくしゃみが止まらない人も多いですよね。そんな花粉症状の辛さを少しでも軽減させる花粉症対策の方法を紹介します。 花粉の飛散量が多い時間帯 花粉の飛散量を1日のうちで見ると、一般的に、日の出前後の飛散量がもっと

  • 日本にスギ花粉症が出現した3つの原因

    イギリスにおけるカモガヤ花粉症出現の経緯とほぼ同じことが、戦後の日本でも起こりました。それがスギ花粉症の出現です。第二次世界大戦前には見られなかったスギ花粉症が、戦後になって激増したおもな原因として、次の3つの原因が考えられます。 日本にスギ花粉症が

  • 花粉症が発症する「背景」と「引き金」はスギ花粉?

    すべての人が花粉症を発症するわけではありません。人によって症状の有無、強弱がありますが、発症するには必ずその前提となる「背景」と「引き金」が存在します。花粉症が起きる「背景」と「引き金」を、現在判明している範囲で紹介します。 スギ花粉の飛散量

  • 花粉症になる原因。花粉症のメカニズム、主な症状とは?

    花粉症がなぜ起きるのか、そのメカニズムを知っておくことが花粉症予防には大切です。花粉症となるメカニズム、主な症状を紹介します。 花粉症のメカニズム 花粉症のきっかけは、異物である花粉(抗原)が鼻や口などを経由して体内に侵入し、気管支や鼻粘膜に達

  • 花粉症の治療方法! 対症療法と栄養療法

    花粉症の治療は現在どのように行われているのでしょうか。花粉症の治療方法で一般的な対症療法と栄養療法について紹介します。 花粉症の治療方法 花粉症治療は、健康保険適応の治療から民間療法まであります。その中でも最も一般的なのは、「症状を薬で抑え込む

  • 糖尿病予備軍は2500万人!? 糖分や炭水化物を「摂り過ぎている」と感じる人が68%!

    出版社アスコムは、30代~50代の男女300人に対し「食生活」をテーマにしたインターネットリサーチを実施した。調査期間は10月15日~18日のデータです。糖尿病予備軍は2500万人!? 糖分や炭水化物を「摂り過ぎている」と感じる人が68%もいることが判明しまし

  • 和食は本当に健康? 日本食が糖尿病の原因だった!

    糖尿病は、血糖値が高いというだけでは、つらい自覚症状は起きません。しかし、高血糖状態が続くことで、「糖尿病合併症」が引き起こされる怖い病気です。糖尿病には食事管理が大切ですが、多くの人が糖尿病によいと思うであろう和食は、糖尿病になる可能性が非常に高い食事だった

  • 糖尿病が妊娠にもたらす悪影響

    妊娠すると産科で糖尿病の検査が行われます。なぜなら、妊婦が糖尿病にかかっていると、妊婦本人だけでなく、生まれてくる子どもに重大な影響が出る危険性があるのです。妊娠が関わってくると糖尿病による問題は深刻なのです。 合併症の危険性 糖尿病の妊婦は、

  • 糖尿病になる前に改善したい! 膵臓(すいぞう)を疲れさせる5つの生活習慣

    糖尿病になってしまう原因に「インスリン」が挙げられます。このインスリンは膵臓(すいぞう)から分泌されます。しかし、日々何気なく行っている生活習慣が膵臓を疲れさせています。 1. 炭水化物の摂りすぎ 複合糖質と呼ばれる、ご飯、パン、そば、うどん、

  • 即できる!! ガンを日常から予防する6つの方法

    三大成人病の一つ、ガン。2001年以降、毎年30万人を超える人が、ガンで亡くなっています。しかし、そんなガンも日常生活を見直すことで予防することができるのです。今回はその6つの方法を、「食、生活、診察」の3つのカテゴリーに分けて紹介したいと思います。

  • 日本人は誰もが糖尿病候補者!? 糖尿病にまつわる13の誤解

    日本人の食生活は、血糖値を上げやすいものであることに加え、日本人は糖尿病にかかりやすい体質を持っています。遺伝的な素因により、アジア人は欧米人と比べ、型糖尿病を発症しやすいことがわかっています つまり、普通の日本人として生活していたら、誰でも糖尿病になる

  • 糖尿病は食後に注意! 合併症の危険を増す「食後高血糖」

    糖尿病で恐ろしいのは合併症の危険が増えることですが、特に警戒しなければいけないのは食後高血糖です。 食後の血糖値に注意しよう 血糖値は常に一定であるわけではありません。身体の活動の状況によって変化します。特に食事の後には血糖値が上昇します。そこ

1 / 2 1 2 最後 »