脳トレって本当に物忘れ予防に有効?

年をとると、誰しも記憶力は低下してくるもの。ですが、ある程度なら物忘れも予防することだってできます。では、どのようなことが物忘れ予防に効果的なのでしょうか。一時期大ブームとなった脳トレは効果があるのか、物忘れ防止のサプリメントなどはあるのか。巷にあふれる物忘れ予防の真偽について、まとめてみました。


■脳トレで物忘れは予防ができるのか

残念ながら、できないと思った方がよさそうです。脳トレゲームを利用した実験では、ゲームそのものの成績は向上しますが、肝心の認知症機能に改善はみられないという結果が得られました。ワンパターンの脳トレでは、認知機能の鍛錬に強化は期待できないと言った方がよさそうです。

■認知症予防のサプリメントはあるのか

認知症予防のサプリメントにも残念ながら効果はありません。イチョウの葉エキスなどが、認知症予防によいと話題を集めたこともあったようですが、実験の結果、副作用はないけれど、効果もないということが証明されました。

■歯が悪いと認知症になりやすいか

歯の数が少ない人は、多い人に比べて何倍も認知症になりやすいという研究結果があります。また、マウスの歯を削って硬いものを食べられなくする実験では、マウスの記憶機能のテストが低下しただけでなく、海馬の神経細胞が大幅に減少したのです。これらのことからも、歯でものを噛まずにいると、記憶力が低下してしまうといえるでしょう。

■運動が物忘れにいいというのは本当か

有酸素運動などの適度の運動は、脳の血流を増やし、脳神経細胞を活性化させます。つまり、運動は体にいいだけでなく、脳の健康にも効果があることがわかってきたのです。ただし、もの忘れ予防には、運動を継続して続けることが必要なようです。

食事はよく噛んで、そして適度な運動をして、健康的な毎日をおくることで、物忘れを防止しましょう。

「「もの忘れ外来」100問100答 認知症が気になるあなたとご家族のために(奥村 歩)」の詳細を調べる

    
コメント