「肥満」と「糖尿病」の関係

糖尿病と肥満とには深いつながりがあります。肥満し始めたら糖尿病の危険サインだと考えていいでしょう。肥満がなぜ糖尿病につながるのかは、インスリンというホルモンが関係しているます。


インスリンとは

すい臓から出ているインスリンという物質があります。これは人間の身体の中でほぼ唯一、血糖値を下げる働きをしているホルモンです。インスリンがうまく働かなくなると、血糖値が下がらなくなり、糖尿病になります。

インスリンの出方には2つの種類があります。一日中で少しずつの量が出ている基礎分泌と、血糖値が高くなったときだけ大量に出る追加分泌です。インスリンの基礎分泌が少ないと空腹時の血糖値が高くなり、追加分泌が少ないと食後の血糖値が高くなります。

インスリンは脂肪を溜めるホルモン

次に、インスリンには血糖値を下げるだけでなく、身体に脂肪を溜め込ませる働きもあります。血液のブドウ糖が増えるとインスリンがたくさん出され、身体中の細胞にブドウ糖を取り込ませます。筋肉などの細胞がブドウ糖を取り込むことで、血糖値が下がるわけです。そして、使いきれずに余ったブドウ糖は脂肪に変えられて、結局、内臓や皮膚の下の脂肪細胞に溜め込まれます。

つまり、インスリンが出ると人の身体は太りやすくなるわけです。血糖値を下げるホルモンであり、身体に脂肪を溜め込ませる働きをしているのがインスリンの基本的な働きですが、脂肪が増えると困ったことが起こります。

脂肪が増えるとインスリンの効き目が悪くなる

それは人の身体の脂肪が増えると、インスリンの効き目が悪くなることです。特に内臓の周りの脂肪が増えると、脂肪組織から分泌されるホルモンの影響でインスリンの効き目が悪くなります。

肥満するということは身体の脂肪が多いということですが、瘦せている人に比べて、インスリンの効き目が悪くなっているということです。肥満してインスリンの効き目が悪くなることを、「インスリン抵抗性」と呼びます。インスリン抵抗性がある人は、瘦せている人よりも血糖値を下げるためにたくさんのインスリンを出さないといけなくなります。効き目の悪い分を、大量に出すことでカバーしようとするのです。

インスリンによる悪循環

すると、悪循環が起きてしまいます。インスリンの身体に脂肪を溜め込ませる働きが増してしまうからです。太ってインスリンが効きにくくなり、すい臓がインスリンを大量に出すようになると、インスリンが大量にあるので、ますます太りやすくなります。

さらに太ると、インスリンの効き目はもっと悪くなり、もっと大量にインスリンを必要とするようになってしまいます。こうして、太り始めるとどんどんとインスリンが増えていき、さらに太っていくのです。インスリンによる負のスパイラルが連鎖してしまうのです。

このような悪循環に陥ると、すい臓はインスリンを作り続け、出し続けることになります。非常に無理な状況が続き、やがてすい臓が疲れ切って、インスリンを少ししか作れなくなるのです。

インスリンの効き目が悪くなり、インスリンを少ししか出せなくなるという理由でインスリンの働きが足りなくなると、血糖値を充分に下げられなくなって、糖尿病になってしまうのです。

「太る→インスリンが増える→もっと太る」この繰り返しの中ですい臓が持ちこたえられなくなって糖尿病になります。以上のように、肥満と糖尿病の関係性は、インスリンの働きによってつながっています。

次は、糖尿病になる前に気をつけたい生活習慣を紹介します。

次の記事

「糖尿病になる前に改善したい5つの生活習慣」

前の記事

「糖尿病にまつわる13の誤解」

    
コメント