和食は本当に健康? 日本食が糖尿病の原因だった!

糖尿病は、血糖値が高いというだけでは、つらい自覚症状は起きません。しかし、高血糖状態が続くことで、「糖尿病合併症」が引き起こされる怖い病気です。糖尿病には食事管理が大切ですが、多くの人が糖尿病によいと思うであろう和食は、糖尿病になる可能性が非常に高い食事だったのです。


日本人の糖尿患者がなぜ増え続けるのか

日本人の糖尿病患者が右肩上がりに増えている理由として、日本人のほとんどが「糖尿病になるような生活」を送っているからです。

「油を多く摂るようになった欧米化した食生活がいけないはずだから、肉や油を避けてご飯中心に食べています」
「カロリーを摂りすぎないように、お昼は軽くそばくらいですませていますよ」

じつはこうした意識が、日本の糖尿病患者を激増させています。そして、糖尿病を予防しようと考えている健康な人ばかりでなく、血糖値をコントールして、糖尿病合併症の進行を防がなくてはならない糖尿病患者までもが、この勘違いのもとに「さらに血糖値を上げる生活」を選択しています。

和食は糖尿病の原因だった!

糖尿病や糖尿病の最大原因である肥満を促進するのは、ご飯やそばなどの炭水化物を多食する日本人の食生活である「和食」です。

日本食は健康にいいと思い込んでいる人は、和食が健康によいという思い込みを捨てることが大切です。

前の記事

「カロリー制限食が続かない糖尿病患者に有効な「ゆるい糖質制限食」」

参考本

「糖尿病はご飯よりステーキを食べなさい(牧田善二)」

    
コメント