日本でエボラ出血熱は調べられない?

エボラ出血熱が猛威をふるっています。アメリカ本土においてエボラ出血熱の二次感染者が登場しました。アフリカから渡航してきた感染者が発症し、二次感染者を生み出したといわれています。

現在は航空網が発達していますので、現地で病気に感染し、発症は本国に帰国してからというケースも多く見られます。先ごろ、日本で騒動となったデング熱も、海外旅行先で感染し、日本に戻ってから発症するケースが多く見られました。


調べられない?

エボラ出血熱に感染しているかどうかは、症状だけではわかりません。発熱や下痢、嘔吐といった症例は通常の風邪でも見られるものだからです。そのため、エボラ出血熱の感染の有無は最終的にはウイルスが検出されるか否かにあります。しかし、現在のところ日本国内ではエボラ出血熱の感染を確認できる機関はありません。

施設としては存在しているのですが、地域住民の反対などによって稼働していない状況にあるのです。

そのため、現在のところはエボラ出血熱の感染が疑わしい人間が出現した場合は、サンプルを取ってアメリカに送って検査をしてもらう、という手段を取るしかありません。当然、航空便で送ったとしても数日のタイムラグがあるわけですから、その間に症状が重くなってしまうということも考えられます。

爆発的な感染は考えられないとはいえ、早急な対策が望まれるのではないでしょうか。

「昔デング熱は日本で大流行していた?」の詳細を調べる

    
コメント