花粉症になる原因。花粉症のメカニズム、主な症状とは?

花粉症がなぜ起きるのか、そのメカニズムを知っておくことが花粉症予防には大切です。花粉症となるメカニズム、主な症状を紹介します。


花粉症のメカニズム

花粉症のきっかけは、異物である花粉(抗原)が鼻や口などを経由して体内に侵入し、気管支や鼻粘膜に達すると、大食細胞(マクロファージ)に貪食されることから始まります。

これによって活性化された免疫担当細胞である2型補助性T細胞(ヘルパーT細胞、Th2細胞)と血液中の白血球細胞(リンパ球)の一種であるB細胞の相互・共同作用によって、花粉に対するIgE抗体(スギ特異的IgE抗体)が産生されます。

IgE抗体は、血液中のおもに鼻関連リンパ組織内で産生されるものと考えられており、私たちの鼻や眼、のど、気管の粘膜に広く分布している肥満細胞(マスト細胞ともいう)の表面に結合し、アレルギー発症の準備が完了します。このような状態を医学的には「感作が成立した」といいます。感作が成立する=抗体ができることです。血液中にこのIgE抗体があるかどうかを調べ、症状を確認すると、花粉症を発症しているかどうかがわかります。

一度感作が成立した人体内に、再び同一の抗原である花粉が侵入すると、速やかに排除しようとし、その抗原と肥満細胞に固着した特異的IgE抗体の二分子が結合し、抗原抗体反応が起こります。

この刺激が細胞内に送られると、肥満細胞から顆粒球(好塩基球、好酸球、リンパ球など)が出され、それに伴ってさまざまな化学伝達物質が放出され、アレルギー反応を起こします。したがって、花粉に感作されていない人は、花粉を吸い込んだり、触れてもアレルギー症状を起こすことはありません。

原因となる抗原は患者さんそれぞれに違うため、花粉に感作され、敏感に反応を起こす患者さんでも、感作されていないほかの抗原に対しては無反応です。しかし、ある抗原に感作され、アレルギー症状を起こす人は抗体を作りやすいため、別の抗原への曝露を繰り返していると、これに対応する抗体も作られるようになります。このことを「重複感作が成立する」と言います。

アレルギー反応を起こす化学伝達物質の代表的なものとしては、ヒスタミン、ロイコトリエン、トロンボキサン、血小板活性化因子(PAF)などがあげられます。

ヒスタミンは鼻の知覚神経である三叉神経末端を刺激するため、くしゃみを起こします。この刺激はさらに副交感神経に伝えられ、鼻の粘膜に戻り、その末端から化学物質のアセチルコリンが分泌されるため、鼻腺や血管に作用して鼻水が分泌されます。

また、ヒスタミンやロイコトリエンは直接血管にはたらいて、血管の透過性を高めたり、血管拡張をきたしますから、これらの粘膜の局所循環障害、浮腫、細胞浸潤などによって鼻の粘膜が腫れ、鼻づまりを起こすとされています。

このような反応過程で鼻粘膜の局所に好塩基球、好中球、好酸球、リンパ球などの白血球の成分が浸潤してきます。浸潤した好酸球などから出される化学物質が鼻粘膜にはたらき、鼻づまりがより強くなると考えられています。

花粉症のつらい症状は、肥満細胞から放出された化学伝達物質の作用によるものですから、これらの物質をいかに抑え、症状を軽減させるかが重要となります。現在の治療方法も、これらの物質を抑える抗ヒスタミン製剤や抗アレルギー製剤などが利用されています。

花粉症のおもな症状

花粉症のおもな症状は、連発するくしゃみ、多量の鼻水、ひどい鼻づまり、鼻や目のかゆみが四大症状です。このほか、目の充血、流が止まらない、などんp症状も出ます。

通常、空中に飛散する程度の花粉の量であれば、症状は鼻や結膜、皮膚に限られ、それほど重篤な症状にはなりませんが、多量に花粉を吸入した場合には、激しい喘息発症を起こすことがあります。また、人によっては、のどのかゆみや咳、胃腸症状、頭痛、皮膚のかゆみ、倦怠感、微熱などの全身症状を訴えることもあります。

風邪と間違えないように注意

花粉症の患者さんがよく間違えてしまうのが風邪です。風邪はウイルスに対する体の防衛反応で、花粉症は花粉に対する防衛反応ですから、その意味では症状が似ていて当然です。花粉の飛散時期に起こる花粉症は、風邪に比べると、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの症状が長く続きます。また、風邪の場合には見られない目のかゆみがありますが、風邪のように高熱が出ることはまずありません。

自分で判断して、花粉症や風邪の薬を薬局に買いに行く方がいますが、医師の診察や各種アレルギー検査を受けて、花粉症なのか、風邪なのか、それともまったく別の病気なのかをきちんと診断してもらうことが大切です。

本当は花粉症なのに、勝手に風邪だと思い込んで内科に行くと、総合感冒薬を出されることがあります。その中には抗ヒスタミン剤が入っていますから、花粉症の症状は一時的に治ります。しかし、花粉症を根本から治療したわけではないので、またすぐに症状が出てきます。ですから、花粉症の疑いがあり、鼻の症状がひどいときには、耳鼻咽喉科に行くようにしましょう。

アレルギーの抗原を突き止めることが大切

もうひとつ、花粉症と間違えやすいのが、花粉以外のものがアレルゲンとなって起こるアレルギー鼻炎です。このなかで特に多いのがダニやハウスダストによるものです。ダニがアレルゲンとなる場合には、一年中、症状が現れます。

それに対して、花粉症は季節性の病気ですから、原因となる花粉の飛散時期に限られます。ただし、花粉症の原因となる花粉はスギ花粉だけではありません。日本では約60種類もの花粉症が報告されていますので、ほかの花粉がアレルゲンとなる花粉症の可能性も考えてみましょう。

アレルギー疾患の場合には、各種アレルギー学的検査を受けて、アレルゲンが何かをはっきりと突き止めることが大切です。たとえば、スギ花粉が飛ぶ時期は、ヒノキ、ハンノキ、ウメなどの花粉の飛散時期と一時期重なっています。これらの花粉によっても、スギ花粉症と同じような症状が起こります。

スギ花粉の飛散時期を過ぎたのに、スギ花粉症の症状が続くという場合には、スギより少し遅れて花粉を飛ばすヒノキ花粉による花粉症の可能性が高いといえます。スギ花粉とヒノキ花粉のアレルギーを起こす成分には共通したものがあるため、スギ花粉症の患者さんの約8割は、ヒノキの花粉でも同様の花粉症の症状を起こすことがわかっています。

また、夏風邪だと思っていたら、じつはブタクサ花粉による花粉症だったというケースも少なくありません。花粉症の場合、自分が何の花粉にアレルギーがあるのか、まずアレルゲンを調べてもらい、その花粉の発生源をよく知り、それを避けることが大原則となります。

重複感作とアレルゲンの交差反応

アレルギーの原因となる抗原は人それぞれに違いますので、ある抗原に感作され、敏感に反応を起こす人でも、感作されていない抗原に対しては無反応です。たとえば、ソバアレルギー(あらゆるソバ製品で起こる)があって、ソバに対しては重篤な反応を示す人も、スギなどの花粉に感作されていなければ、花粉に曝されてもアレルギー反応を起こしません。

しかし、ある抗原に感作され、アレルギー症状を起こす人は、抗体を作りやすいため、日常生活の環境内に存在する別の感作性物質に触れ続けていると、これに対応する抗体も作られるようになって、複数の原因抗原が存在する「重複感作」が成立することがあります。たとえばハウスダストで喘息を起こす人が、スギ花粉に感作されることはよく見られます。

また、食物アレルギーなどでは、ある種の食品に対するアレルギー症状を保有する場合、ほかの特定の食品によっても過敏反応が見られることがあります。このことを「アレルゲンの交差反応」と呼びます。たとえば、ある物質に対してアレルギーが生じる場合、その物質とタンパク質の構造(アミノ酸の配列)がよく似ている物質に対してもアレルギーが生じるということです。

先入観にとらわれず、時間と手間をかけて、抗原となりうるすべてのものを慎重に検査する必要があります。花粉症の発症原因や主な症状などを理解して、きちんとした花粉症対策を行うことが大切です。

「花粉症を治す(三好彰)」の詳細を調べる

    
コメント