薬の投与時間「食間」の勘違い

薬にはさまざまな飲むパターンがあります。もっともベターなのは、1日3回食後があるでしょう。さらに、寝る前が加わって4回となることがあります。場合によっては食前を指定される場合もあります。食後ならばわかりやすいですが、ちょっとわかりづらい表記もあります。


悩みどころの「食間」

薬の飲むパターンには食間というものがあります。これは食後2時間に飲むというのが通常です。しかし、なかなか難しいものです。食後すぐならば、ちょっとした休憩時間のようになっているので、薬を飲むということもできます。しかし食後2時間となっては、通常は仕事を始めていたり、学校へ通っている人は授業を受けているような時間帯ではないでしょうか。なかなか、薬を飲む機会を作る事ができないように思います。ついつい薬を飲むことを忘れてしまうということもありそうです。

勘違いの「食間」

さらに食間という文字のならびも勘違いを産みます。食間という文字をそのまま受け取って、食事中に薬を飲むという勘違いをした人もいるようです。胃薬ならば、食事中に飲むということもわからなくもないです。さらにビタミン剤ならば、食事と一緒に摂るということもありえそうに思えます。そのため、食べながら薬を飲んでいたという人もいるようです。

しかし、これは大きな勘違いです。食間というのは「食事の間」ではなく、食事と食事の間ということになります。

「疲労回復成分イミダペプチドってなんだ?」の詳細を調べる

    
コメント