延命治療

延命治療とは、医療ではもう治療の見込みはないにも関わらず続けられる延命治療のことです。延命治療の問題、緩和医が受けたくない延命治療、自分が希望する延命治療の伝え方、ターミナルケアとの付き合い方など延命治療を考える際に参考となる情報を紹介しています。

  • 一人でも自宅で死ねる「孤独死」じゃなくて「孤高死」

    一人暮らしの高齢者というと、 「かわいそう」 「大丈夫なの?」 と思われる人が多いかもしれません。でも、終末期の患者さんを一人で自宅に帰すことができる耐性が少しずつ整ってきています。在宅緩和ケア医やソーシャルワーカー、ケアマネージャーと連携してサ

  • 在宅緩和医が余命1ヶ月と言われたら受けたくない延命治療

    在宅緩和医が、もし自分が患者だったら受けたくない治療について紹介します。また、余命一カ月なのか、半年なのか、その治療をすることでどれくらい延命効果があるのかによっても、受けたい治療は変わります。余命1ヶ月と言われたら受けたくない延命治療を紹介します。

  • 自分が希望する延命治療を医師へ伝える方法

    いままでの医療は、医師が治療の主導権をにぎり、判断も「医師任せ」のことがほとんどでした。しかし現在では、本人の希望を最優先することが主流となっています。それでも、なかなか希望通りにはいかないケースがあります。 自分の意思があっても望む延命治療を、周囲の環

  • 延命治療の問題点。危篤状態における「フルコースの延命治療」

    病院医師にとって、患者さんの死は敗北にほかなりません。だからわずかな可能性、たとえ治癒する確率が1%であっても、手術や抗がん剤治療に挑戦したりします。患者さんから、 「咳が止まらない」 「おなかが痛い」 「胃がもたれる」 と言われたら、「それは

1 / 1 1