病院外の薬局で薬を出されるのはなぜ? 院外処方のメリット、デメリット

病院や診療所で診てもらった後、かつては、院内で処方した薬をその場でもらうのがふつうでした。ところが最近では、病院外の保険薬局で、病院でもらった処方せんと引き換えに薬を受け取るようになってきました(院外処方)。病院内ではなく、病院外の薬局で薬を出されるのはなぜなのでしょうか?


医薬分業

その理由は、「医薬分業」という考え方にあります。医療機関が処方せんの交付、薬局が調剤と、両者の仕事を明確に分けることで、医療機関は薬価差益の恩恵にあずかれなくなりました。かつては、薬の仕入れ値と保険で支払われる価格との差益で儲けるために、薬を必要以上に多く出すことが一部で行なわれていたのです。

院外処方のデメリット

しかし、医薬分業には、患者さんの負担を増やす側面もあります。実際に医薬品の価格が上がるわけではないのですが、病院が処方せんを発行する際の料金や、薬局での調剤に関する技術料、薬剤服用歴管理指導料(患者さんに薬の服用法などを説明する際の費用)などの新たな費用が発生するからです。

他に人員配置の面でも、医療機関と保険薬局のそれぞれに薬剤師が必要となります。また、薬剤のストックも双方で必要になります。こうしたことも、患者さんの負担が増えることにつながっているのです。

院外処方のメリット

では、院外処方は患者さんにとって、費用負担が増えるというデメリットばかりなのでしょうか? いいえ、ちゃんとメリットもあります。

ひとつは、複数の医療機関を受診した患者さんが、「かかりつけ薬局」を持つことで、安全で効果的な薬物療法を受けられるようになったということです。

もうひとつは、入院患者さんにとってのメリットです。院外処方が行なわれる前、外来の調剤は病院内の薬剤師が担当していました。彼らにとって外来調剤は薬を棚からピックアップするだけの面白味のない仕事でした。

しかし、院外調剤が始まると、外来調剤の仕事は大幅に減少し、病棟での業務が増えてきました。入院患者さんに薬について説明したり、医師と薬剤の処方について情報を共有したり、医師の処方ミスや他の医師が処方した薬剤との相互作用をチェックするといった安全管理の仕事です。

こうして、外来での医薬品の管理から、病棟での情報の管理に人材を割けるようになったことで、入院患者さんはこれまで以上に安全で効率的な薬物療法を受けられるようになったのです。

このように院外処方は、病院内における薬剤師の役割の変化を含め、外来患者さんだけでなく入院患者さんの安全管理や医療の質向上に大きな貢献をしているのです。

参考本

「病院は、めんどくさいの記事」

    
コメント