ターミナルケア

ターミナルケア(終末期医療)になったときに、どのような終末期医療の方針にするか、どこで死を迎えるかなどターミナルケアをを考える上で参考となる考え方を紹介します。

  • ターミナルケア(終末期医療)を考える。「トイレに行くこと」は生きている証しだった。

    在宅緩和ケア医である萬田緑平さんの著書「穏やかな死に医療はいらない」より終末期医療の状態となった場合に考えさせられるトイレのエピソードを紹介します。 動けるか、動けないか 自宅で最期を迎えることを決めた患者さんに接すると 「自分の足で動けるって

  • ターミナルケア(終末期医療)を受けたい良い病院の条件

    自分の最後を迎えるためにターミナルケア(終末期医療)。でも、どうすれば望んだターミナルケアを受けることが出来るのでしょうか? そのためには、きちんとした病院を探す必要があります。ターミナルケア(終末期医療)を受けたい良い病院の条件について紹介します。

  • 自宅で自分らしい死を迎えるためのチェックシート

    自宅で穏やかな死を実現するためには、自分なりの死生観が必要です。死を現実のものとして意識することから、自分らしい生き方が見えてくることもあります。自分らしい死を迎えることができた患者さんやご家族の共通点を在宅緩和ケア医萬田緑平さん著書「穏やかな死に医療はいらな

  • ターミナルケア(終末期医療)の問題点と終末期医療の治療選択

    患者が助かる見込みのない状況になった時を「終末期」と言います。つまり、これ以上治療しても回復の見込みがない場合です。患者が望む医療を実現するためには、患者が病院側と家族との事前の認識合わせが大切です。ターミナルケア(終末期医療)の問題点と終末期医療の治療選択に

1 / 1 1