誰からも愛される女性になれる「幸感力」を磨く方法。朝2時間の使い方があなたの幸せを作る

男女問わず、出会いを多く引き寄せる人には共通点があります。それは、「幸感力」が高いことですい。心が「幸福」に敏感なんです。身体と心で感じたことを、「ああ、幸せ」と頭でもわかるから、素直に「幸せ」と「言葉」にできるんです。誰からも愛される女性になれる「幸感力」を磨く方法を紹介します。


■午前中に脳を起こす

朝起きてからボケーッと仕度をし、午前中の仕事をなんとなーくこなし、ランチに突入。食べると眠くなり、15時くらいから頭が回りだす…そんな生活パターンでは、幸感力は身につきません。ちゃんと朝から脳の準備体操をして起こしておきましょう。

■脳を「運動系」→「感情系」の順番で目覚めさせる

脳には大まか、「思考系」、「感情系」、「運動系」などの機能があります。脳を活性化するには、「運動系」→「感情系」という順番で目覚めさせるといいのです。だから、朝起きてからの2時間の時間の使い方がとても大切なのです。  

・朝食を作る(手を動かす)
・軽い運動(ラジオ体操など)
・掃除(掃除も立派な運動)
・表情筋マッサージやメイクUP
・音読(「るるるーっ」と口ずさむ程度)

など、運動脳を大雑把に動かしていきましょう。手足や口を動かすのです。朝起きて考えなくてもすむように、朝の流れを決めてしまい、習慣にすることを決めてしまいましょう。

■会社に行くときは道順を変えよう

会社に行くときには、「今日はどの道を通って駅まで行こうかな?」と道順をすこし変えてみます。「いつもと違う道」を歩くだけでも、目がキョロキョロ動くようになって、脳が活性化しやすいのです。脳が活性化すると季節や景色の違いを自分で感じ取れるようになっていきます。そうやって感覚を目覚めさせ、感覚で受け取ったものに、自分の感情が「素敵! 気持ちいい」と反応してくると、さらに効果が上がります。こんなふうに、約2時間で脳が準備運動完了状態になります。

職場に着いたら、もう脳はだいぶ動いていますので、目も顔の筋肉もすっかり起きているころでしょう。

「○○さん、おはようございます」

と表情筋をちゃんと動かしてさわやかに挨拶をしましょう。できることなら、あと一言加えてあげましょう。

「○○さん、おはよう。可愛いブラウスね」
「○○さん、おはようございます。今日は、朝一でミーティングですよね」

など、何かを加えると、脳の「思考系」も動いていきます。身体を起こして、感情を起こしましょう。そうすると、変化に気がつきやすくなったり、ちょっとしたことが嬉しく感じられる脳になってきます。身体と感情を自分で起こして、五感を使って朝を感じる。それだけで、心の受け取るベースが違ってきます。

誰からも愛される女性になれる「幸感力」を磨く方法は、朝2時間の使い方にあります。

「幸運・幸せになる方法」の詳細を調べる

    
コメント