お金と相思相愛になるコツは、お金を好きになり、温かく送り出せること

「お金に好かれたい」「お金に自分のもとに来てほしい」と考えるのなら、お金を支払うときは、温かく見送り、戻ってきてくれたときは、「お帰りなさい」と迎えてあげましょう。


お金も人間やものと同じように、気持ちが伝わる

私は、お金にも、人間やものと同じように、気持ちが伝わると考えています。
ですから、もしあなたが、「お金の話をするなんてはしたない」と考えていたら、お金は嫌われていると思って、近寄ってきてくれません。
お金だって、自分のことが好きで、大切にしてくれる人のところで、心地よく過ごしたいのです。

お金に対して自分が持っている気持ちを考える

私は、たくさんの人の鑑定をするうちに、お金持ちは照れたりせずに、堂々と「お金が好き」「もっとたくさんお金がほしい」と口にすることに気づきました。
人間だって「あなたに興味がある」と言われるほうが、そっけなくされるよりうれしいですよね。
あなたが「お金に好かれたい」「お金に自分のもとに来てほしい」と考えるのであれば、まずは、自分がお金に対してどんな気持ちを持っているか考えてみましょう。

お金は世の中を循環しながら増えていく

また、あなたは、コンビニで公共料金や買ったものの代金を払う人の顔を、意識して見たことはありますか。
たいていの場合、お金が去っていくのがイヤで、しかめっ面や不機嫌そうな顔をしています。
でも、お金は世の中を循環しながら、どんどん増えていくものです。
ですから、出ていくときも気持ちよく送り出してあげたほうがいいのです。

支払うお金を引き止めるのは逆効果

なかには、支払うお金があるにもかかわらず、払うべきものを、期限ギリギリまでそのままにしておく人がいます。
「お金に少しでも長くいてほしい」という気持ちからでしょうか。
でも、実はこれは、逆効果です。
友人同士だって、次に行かなければならないところがある人を、いつまでも引き止めていては、お互いに気を使うばかりではありませんか。

お金を温かく送り出し喜んで迎える

同じようにお金といい関係を築きたいのであれば、支払いをするだけのお金があることに感謝して、「いってらっしゃい、また大きくなって戻ってきてね」と、こころの中でつぶやいて笑顔で見送ってあげましょう。
そして、戻ってきてくれたときに「お帰りなさい」と、喜んで迎えてあげましょう。

【まとめ】

・お金も人間やものと同じように、気持ちが伝わるものです。
・お金は、世の中を循環しながら増えていくものです。
・お金を好きになり、お金を温かく送り出し、喜んで迎えてあげましょう。
それが、お金と相思相愛になるコツなのです。
★ 参考図書『神様に愛されて自分らしく幸せになる』自由国民社 (2016/9/14) 著者:クレア

    
コメント