自分が好きだ! それが幸せの秘訣

自己肯定感という言葉があります。自分をどれだけ肯定できるか、自分を好きになれるかという感覚です。自己肯定感が弱い人は幸せにはなれません。自己肯定感が強い人はどんどん幸せになれます。自己肯定感を強くする方法を解説します。


自己肯定感が弱いと心理的奴隷状態に!

自己肯定感は幸せになる上でとても大切な鍵をになっています。自己肯定感が弱い人は、あるがままの自分を肯定できません。するとだれかに評価してもらいたくなります。頼まれたらホントは嫌でも断れなくなります。自分からなにかを頼まなくてはいけない時にはすごく頼みづらく感じます。その結果、そのだれかさんのいいなり状態(心理的な奴隷状態)になってしまいます。どうしても断らざるを得ない時には罪悪感を感じることもあるでしょう。迷惑をかけて嫌われてしまっては困るからです。その罪悪感は相手にも察知されますから、実際に責められたり非難されたりして気分が落ち込んでしまいます。

自己肯定感は幸せの鍵

その逆に自己肯定感が強ければ、嫌なことは嫌と罪悪感もなく断ることが出来るでしょう。断る時も、頼みごとをするときにも、余計な罪悪感を感じていないので、誰かさんにもあっさりと理解してもらえます。幸せの鍵は自己肯定感の強さにあるといえるでしょう。

自己肯定感を強化する方法1

アファメーションという技術があります。肯定的な内容の言葉を口に出して宣言することで、自分の潜在意識に影響を与えていく技です。自己肯定感とは自分を肯定し好きになれることです。自己肯定感が弱いとは「自分が好きではない」ということですから、この場合は「自分が好きだ」と言葉に出して宣言します。すると、潜在意識には、「私は自分が好きなのだ」という暗示が入ります。その結果、少しずつ自分が好きになれるのです。まず宣言する!その結果、最初はうそや張ったりだったものが少しずつ実現していくのです。

自己肯定感を強化する方法2

あなたがしている仕事は重要な、やりがいのある仕事ですか?あなたは自分がしている仕事を好きですか?もしも自分の仕事が嫌いなら、ここで紹介する方法は、幸せになるためにとても大きなヒントになるでしょう。

これから仕事をする時は心を込めて、丁寧にするようにしましょう。心を込めて仕事をすることで、その仕事に情がうつり、だんだんと好きになってきます。そのからくりは?

好きなことや大切なをやるときは、おそらく心を込めてやるでしょう。だから、心を込めてやることで、潜在意識には、「この仕事は大切である」「この仕事が好きだ」という暗示になるのです。その結果、そんなに大切な仕事や好きな仕事が出来る自分もまた重要な人間であり、好きになれるという仕掛けです。

お試しあれ!

今回は「自分が好きだ」と宣言し、心を込めて仕事をすることで、自己肯定感を強化して自分を好きになる方法を解説しました。

「幸せオーラを引き寄せる ハッピー・リズメーション」の詳細を調べる

    
コメント