急いで克服!! あがり症な自分を変える方法。

なぜあの人は自信を持って話すことができるのだろう、なぜあの人はいつも自信に満ち溢れているのだろう。シャイな人にとって、彼らの「アガらない」という能力は羨ましい限りです。できるならば彼らに取って変わりたいのですが、そうともいかず、自分自身でシャイやあがり症は克服しなければなりません。そこで今回は恥ずかしがり屋、シャイを克服する方法を紹介します。


■シャイな人が損をしているポイント!

1. 誤解されやすい

シャイな人が何より損をしているポイントは「誤解されやすいこと」でしょう。しっかりとコミュニケーションを取ることができていないと誤解は生まれやすく、本当の自分と相手が思っている自分との乖離が大きくなってしまいます。

2. 安心できない

シャイな人は心が安定せず、常にセカセカしていたり落ち着きが無いことが多いです。そうなると更に相手が話しかけにくくなり、シャイな性格を解消したい人にとっては損でしかありません。

3. 自信がない

社会でやっていく上で、意外に必要なのが自分をよく見せるスキル。自信が無いからシャイなのか、シャイだから自信が無いのか人それぞれですが、自信が無い、もしくは無いように見えるのも損でしかありません。

■解決法

解決法として大いに期待できるのは「準備をしっかりとすること」です。人前のスピーチではもちろんのこと、日常会話でも緊張してしまうようであったら準備をしておきましょう。準備とは具体的に言うと、「人前に立つイメージトレーニングをすること」や「リハーサルを何度もこなすこと」があります。

1つ目の「人前に立つイメージトレーニング」はその名の通り、頭の中でイメージすること。イメージトレーニングはアスリートなどがやるものだという印象があると思いますが、私たちにとっても大事なこと。自信を持って感動的な話をしている自分、大拍手を受けている自分をイメージすることが効果的でしょう。

2つ目の「リハーサルを何度もこなす」は要するに練習をしろということ。練習は非常に地道で、最初のうちは効果があるか分からないです。ですが、練習せずに最初から上手にこなせる人はいません。たとえ一回こなせたとしてもそれが何度も続くことはあり得ません。ぶっつけ本番は厳禁です。

あがり症は一朝一夕で克服できるものではありません。長い目で見て治して行きましょう。

「シャイな自分を味方につけて人生をもっとお気楽にする10日間トレーニング(松本幸夫)」の詳細を調べる

    
コメント