凡人が天才に勝つ方法

自分は平凡で何も取りえがないから、人生うまく進めないんだろうな。そんな風にお悩みのあなたにおすすめする本があります。「平凡な私が月300万円稼ぐ7つの理由」です。これは時の総理大臣まで会いにきた日本一の便利屋である著者が自分のような平凡でも成功できる理由を教えてくれます。それでは、凡人でも天才に勝てる方法をご紹介します。


■凡人を肯定する

まずは自分が平凡であることを認めましょう。人間の9割は凡人です。そして自分は凡人だと自覚することがまずは大切なことです。そして自分が凡人だと思えると、「自分には才能なんてないんだからあとはやるだけ」と開き直ってなんでも取り組めるようになります。その結果、誠意を持って目の前の仕事に取り組め、いい仕事ができるようになってきます。

■凡人にはメリットが一杯

自分が凡人と肯定すると天才にはできない多くのメリットが得られます。

  • できもしない才能を追いかけて時間を浪費する必要がなくなる
  • 失敗しても「自分には才能がなんだから失敗しても当たり前」と気にする必要がなく、逆境に強くなれる
  • 余計なプライドがないので何かに縛られることなく、前へ進める
  • 知ったかぶる必要もなく自慢しないので、人に好かれる
  • 専門性を持たないので、全く気にせず他人の真似をできる
  • 相手の立場を気にしないので、社長だろうが有名人だろうが媚を売らず同じように接することができる

■天才に勝つ方法

凡人が天才に勝つには何をすればいいのでしょうか?それは「話を聞く技術」を持つです。現代は一人暮らしで寂しいと感じている年配の方で自分の話をただ黙って聞いて欲しいというニーズが多く、耳を傾けるだけで商売が成立する時代です。実際に1日お話を聞くだけで100万単位の仕事もあるそうです。

■聞き上手になる秘訣

聞き上手になるためには心がけることは何でしょうか?それは話の内容には余計な好奇心は持たず聞くだけです。こちらからのアドバイスはせず、相槌はうたずに黙って話を聞くだけで話している人は嬉しいものです。そしてもう1つ大切なことは、話し手を好きになってあげることです。

凡人でもいいんだと自分を認めて、天才に勝ってみてはいかがでしょうか?

「平凡な私が月300万円稼ぐ7つの理由(右近 勝吉)」の詳細を調べる

    
コメント