とってもシンプル!頭のいい人がやっている3つのこと

頭のいい人はどういう考え方をしているのか気になったことはありませんか?自分はどうせ凡人だとわかっていても、頭のいい人がやっている行動や考え方は気になるもの。頭のいい人はどういった考え方をしているのでしょうか。答えはとってもシンプル。たった3つのことをやっているだけなのです。今回はそんなスマートな人達がやっている考え方を紹介します。


頭のいい人がやっている3つのこと

1. ポジティブシンキング

締め切りや期限間近になると、どうしても気分が落ち込みがち。そのことに関しては感情がある以上しょうがないことです。だって人間だもの。みつを。そういった時にやること、それはポジティブに考えること。「どうにかなる」「何とかなる」と考えることで乗り切りましょう。

2. やる気が出ないときはしばらく休む

人間なら誰でもやる気が出ないときがあります。例え政治家でも、大統領でもそれは同じです。やる気が出ないときは休んだって良いのです。そして気分が乗るまで待ちましょう。

3. 長時間働き続けるのは非効率

人間は長時間集中し続けるのは得意ではありません。一定期間毎に頭を休ませましょう。一時間ごとに頭を休ませるのが理想的です。また、散歩もリフレッシュには最適な方法。歩くことで脳に刺激を与えることができます。

身体がついて行かなくても、気持ちがついて行かなくても上手くいきません。最高のパフォーマンスを発揮するには両方一致していることが重要です。とりあえず、明日から試してみてはいかがでしょうか。

『頭のいい人の時間攻略法(米山公啓)』の詳細を調べる

    
コメント