挫折しそうなときにがんばる力をくれる考え方

こんなに頑張っているのに誰も自分を理解してくれない。努力が報われない……挫折しそうな瞬間は誰にでもありますよね。でもそんなときこそ、成功をつかむ前の瞬間なのです。成功をつかむ前、挫折しそうな瞬間にがんばる力をくれる考え方を紹介します。


■不安は当たり前

夢を実現した人たちは何らかの形で抑圧や強制、さらには不安と戦い、そこに意味を見いだして日々を積み重ね、ようやく偉人の境地にたどり着いています。不安は当たり前なのです。それを前提として、次を考える必要があるのです。

■結果が出ないときは……

一生懸命に努力しているのに結果が出ないと感じたときは、今こそ踏ん強るときだと思いましょう。もうギリギリのところまで来ているということを、自分に言い聞かせながらやっていくのです。そして、努力してなかなか結果が出ないときほど、努力すればするほど、最終的に得る結果は大きくなると信じるのです。それがわかれば、努力し続けることで結果が出ないことは、喜ぶべきものであり、不安になったり、挫折感を感じたりするものではないことにも気づけるのです。

■他人の目を意識するな

他人の目を過剰に受け止める人が多過ぎるのが現実です。他人の目を意識しすぎるから傷ついてしまうのです。自分らしく生きることが大切です。

挫折してくじけそうなときには、この考え方を思い出してください。

「媚びない人生(ジョン・キム)」の詳細を調べる

    
コメント