あがり症を克服する方法―ドラクエに学ぶ恐怖心の克服法―

「あがり症」で悩むことは少なくありません。完璧を求めずスモールステップで少しずつ慣れていくこと、それが上がり症克服のコツです。今回はドラクエの勇者が、少しずつ力を蓄えてやがてラスボスに挑む姿にヒントを得てあがり症克服法の秘訣をご紹介します。


上がり症で悩んでいる人は増えている

人前で話をするのが苦手な人がいます。人前に出ると大勢の人の視線が自分に突き刺さり、恐怖感を感じて顔が真っ赤になります。手は震え、膝はがくがくして立っているのもやっとで頭の中は真っ白になり、言葉もしどろもどろになってしまいます。そんな上がり症の人は増えてきており、今では社交不安障害という病名までつくほどです。そんなあがり症の人がいきなり100人の前でスピーチをするとしたら?

最初からラスボスに挑む?

ドラゴンクエストの戦略があがり症の克服に役に立ちます。

ドラゴンクエスト(以下、ドラクエ)という人気のロールプレイングゲーム(RPG)があります。最初、勇者(主人公)は弱いので一番強い最終的な敵、ラスボスにはとてもかないません。

あがり症の人にとって人前でスピーチするのはものすごい恐怖です。あたかも旅立ち直後の勇者がラスボスに挑むようなものです。最初に挑むのはラスボスではありません。

旅立ちの村の周辺でスライムを倒す

実際のスピーチはラスボスのようなものです。今の自分が人に話しかけることさえできないほどの人見知りだったら? あなたはまず、もっと弱い敵スライムを倒すべきなのです。この場合、スライム、すなわちもっと簡単に倒せそうな敵とは何でしょうか?

具体的方針はこうです。

ステップ1

『やろうと思えばできるけど、まだやっていないこと。避けていることをさがし、今すぐやる』

最初から強すぎる敵に挑むのは危険です。あえなく撃沈してさらに自信を失ってしまえば、次回は挑戦する勇気もでません。『人前で話す』ことに関してもっと簡単な敵をさがします。具体的な基準は『やろうと思ったらできそう』『でも、苦手だから、億劫だから、気が重いからついつい先送りしている』ことです。

どんなに弱い勇者でもスライムは倒せます。この場合、スライムとは「やろうと思えばできるけど、まだやっていないこと。避けていること」です。先送りしているとスライムさえも怖くなってやがて引きこもって生活するしかなくなります。やろうと思えばできることを先送りすると、自分の潜在意識に「自分にはそれをする自信がない」というネガティブな暗示が書き込まれ、さらに上がり症が悪化することになります。

それに対して、先送りしてきたことにきちんと立ち向かうとどうなるでしょう。やろうとすれば今ならまだできるはずです。気が重いことにチャレンジすることで「自分にはチャレンジする勇気がある」というポジティブな自己暗示を潜在意識に入れることができる上に、実際の成功体験が自信をつけてくれます。

人前で話すことについて不安が強い順に実例を並べてみました。

  • 実際に前に出てスピーチする
  • 会議で発表する
  • 授業やセミナーで質問する
  • 4~5人の小さなグループで自分の意見をはっきり言う
  • 気心の知れている友人に自分の意見を言う
  • 友人とさしさわりのない雑談をする
  • 自分から挨拶をする
  • アイコンタクトをして会釈する

今、どれを避けていますか? また、どれならできそうですか? やるとしたら、いつですか? もっとほかの例を思いついたらリストに加えてみましょう。

スライムの次は?

ステップ2

『やろうと思えばできるけど、まだやっていないこと。避けていることをさがし、今すぐやる』

おや? ステップ1と同じですね。そうなんです。あとは全てこの繰り返しです。ステップ99も同じです。違うのは敵がだんだんと強くなることです。スライムを倒したら自信がついて、もう少し強い敵に立ち向かえるようになるでしょう。

思い切って自分から挨拶してみた。すると挨拶が返ってきた。差しさわりのない雑談だったらできそうな気がしたら雑談してみるのです。反対意見なんてとてもいえないと思えばもう少し待ちましょう。雑談を繰り返すうちにいつかその日がきます。

4~5人の内輪の話し合いで自分の思っていることがいえたら、授業中に思い切ってわからないところを質問してみようかなと思えたりもします。そう思えたら質問してみると良いでしょう。

『やろうと思えばできそう』がキーワードです。とてもできそうにないならまだハードルが高いのです。『やろうと思えばできそう』を先送りするか、それともキッチリとやってのけるかで上がり症に打ち勝ち、ばら色の人生を手に入れるか、不安と恐怖に負けて引きこもるかが決まります。

今回はドラクエの勇者の戦略にヒントを得て上がり症を克服する方法をご紹介しました。

「マインドフルネスで恐怖に打ち勝つ (100円で読む♪心のトリセツ03)」の詳細を調べる

    
コメント