5月病だけでなく6月病にも注意

ゴールデンウイークが終わると新社会人や新入生の中には5月病を訴える人もいます。しかし最近では5月病に代わって6月病という言葉も登場しているようです。


6月病とはなにか?

6月病は5月病に同じく新生活をスタートした人が体調不良などを訴えるというものです。最近では5月病よりも、6月病の方が注目されるようになりました。

なぜ6月に症状が出るのか?

ではなぜ6月に症状が出るようになるのでしょう。1つは新社会人の場合、研修が一段落して現場に配属されるのが6月1日であることが多いためです。6月からは実務を任せられることになるというプレッシャーから気が滅入ってしまう場合もあるようです。

さらに6月になれば、5月のさわやかな青空は見られずジメジメとした梅雨が始まります。気候の変化も、精神面に影響を与えることになるのかもしれません。

5月病はメジャーになりすぎた?

別の考え方では5月病はメジャーになりすぎたのかもしれません。そのため、5月病にならないためにゴールデンウイークで英気を養うといったことを自覚的に行うために、症状が出るのが6月にずれ込んでいるのかもしれません。

6月病を防ぐには?

6月病の防止策として具体的なものはありません。やはり、新人は当たって砕けろの精神で仕事に挑んでいくしかないのかもしれません。最初は誰もが手探りだと考えるようにすると良いでしょう。

「メンタルに関するあれこれ」の詳細を調べる

    
コメント